仮想通貨のレポート:コインレポート > コンテンツ一覧 > 初心者, 取引所 > リップル初心者が取引を行う時オススメな取引所

リップル初心者が取引を行う時オススメな取引所

リップル初心者が取引を行う時オススメな取引所

仮想通貨を初めて購入する場合、どの取引所がいいのかわからないですよね?仮想通貨の取引所って多すぎて選べないし、セキュリティもしっかりしているのかわからないと思っている方が多いと思います。

 

そんな人たちのために今回は仮想通貨リップルで取引を行う際のオススメの取引所を紹介していきます。

 
 

■リップルとは

 

リップルとはビットコインよりも決済に特化していて同時に世界の通貨を繋げるブリッジ(橋渡し)プラットホームで通貨自体の単位はXRPにです。

 

2012年にカナダ人のRyan fuggerによって考案され、のちにリップル社によって開発されました。

 

リップルの特徴はリップル社という管理者がいるために仮想通貨では珍しい中央集権的で「取引手数料が無料に近く、決済は秒で終了し送金は一瞬で完了する」というところになります。

 
 
 

■リップル初心者のためのオススメな取引所

 

それは「bitbank.cc」です。このbitbank.ccは金融庁に仮想通貨交換業者として登録されておりシンプルで初心者に使いやすく、今では2018年の9月30日の0:00までの限定で仮想通貨の取引手数料がタダになってお得です。

 

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、モナコイン、ビットコインキャッシュの6種類になります。

 
 

●理由① セキュリティ能力が高い

 

さらにビットバンクは取り扱い通貨全てでコールドウォレットとマルチシグを適用いるのでハッキングに対するセキュリティ面はとても優秀です。

 

コールドウォレットとはオフライン状態で仮想通貨を保存することをいい、ハッキング被害をなくすことができます。

 

コールドウォレットの種類は以下の2点でそれぞれを説明しています。

 
 

・ペーパーウォレット

 

仮想通貨を可視化して紙媒体で保管するというネットワークから完璧に分離した無敵のセキュリティになり、コストも紙媒体にするときの印刷代のみというコストパフォーマンスを実現しています。

 

デメリットは紙媒体であるために年数を重ねると素材の悪化により劣化することや公開鍵を公開することになり、何度も繰り返し紙媒体にすることは不可能になる部分です。

 
 

・ハードウェアウォレット

 

USBような形のウォレットで専用のアプリを一緒に使って仮想通貨を保管します。

 

オンラインでもオフライン、どちらでも対応し長期保管をする人にはオススメで仮にオフラインでパソコンからハッキング被害を受けてもハードウェアに仮想通貨を保管していれば安全になります。

 

保管している仮想通貨を何年も動かすつもりがないならば、ハードウォレットはオススメですが取り扱いが大変なために頻繁に仮想通貨取引を行いたいと思っている方はモバイルウォレットがオススメになります。

 

ハードウェアウォレットの代表的なものに「Trezor」や「Ledger Nano S」などがあります。

 

続いてマルチシグについて説明します。マルチシグとは署名を行う際の秘密鍵を複数用意してそれぞれ別で管理しておくということで、ハッキングを受けた時に一つの鍵を失っても残りの2つの鍵をハッカーが盗まない限り仮想通貨を奪われることはありません。

 

なのでこのようなセキュリティ技術を導入しているbitbankのセキュリティ能力は高度といえます。

 
 
 

●理由②bitbankのスマホアプリが登場

 

bitbank待望のスマホアプリが2018年4月にリリースされました。

 

パソコンと遜色なくスムーズに取引が出来てスマホユーザーにも見やすいデザインになっています。

 
 
 

●理由③ 追証がない!?

 

追証とは追加保証金の略省で仮想通貨取引をおこなっている時に取引に失敗して証拠金が0円になってしまうことで、損失した分を返済しないといけないという制度になります。

 

ではなぜbitbankは追証という制度がないのでしょうか?その理由は「キャピタルゲインフィー(決済損失積立金)」というシステムによって追証なしを実現したのです。

 

キャピタルゲインフィーは取引で利益が出た時に利益の0.2%を自動的に積立をおこなっており、万が一取引で大損が発生した場合はこの積立した中から補填されます。

 
 
 

●④ 常にキャンペーンが行われている

 

常にお客さま第一を謳っており随時何かしらのキャンペーンが行われていますし、お客様対応も24時間で対応しています。現在は9月30日まで手数料が無料です。

 
 
 

●⑤「bitbank trade」と連携すると

 

これから説明する内容は初心者の方にはオススメではありません。bitbankは「bitbank.cc」と「bitbank trade」を運営しており、この2つを連携するとBTCFX(ビットコインFX)を追証なしでレバレッジ最大20倍で取引を行うことができるようになります。

 

この取引は仮想通貨に慣れている上級者向けのオススメになります。

 
 
 

まとめ

 

bitbankはセキュリティが高度であり、お客様第一の心意気で手数料が安く追証がないという部分から初心者にとってオススメの仮想通貨取引所といえます。

shutterstock_1067732219

実は本格的!?モナコインの実力とその特徴と今後の予想5選

モナコインは日本発祥の仮想通貨で、2014年から市場に出回りました。最初の開発者は「Mr.watanabe」と呼ばれてい...

shutterstock_692205286

ビットフライヤーを初めて使う初心者の方へ3つの注意点

2018年も話題の尽きない仮想通貨。昨年から乱高下を繰り返しながら世間を騒がせてきました。そろそろ自分も始めてみようと思...

shutterstock_620191889

【税金】仮想通貨の確定申告を行う場合に税理士さんの費用や時間...

仮想通貨の確定申告を始めるのには、いつくらい(時期)からスタートすれば良いでしょうか?また税理士さんに支払う報酬は金額な...

shutterstock_1133335841

モナコインとザイフとビットフライヤー初心者

2ch発祥の「モナコイン」、日本発の国産仮想通貨ということや2chのコミュニティに支えられて結構有名になってきました。 ...

shutterstock_785121880

ビットフライヤーの本人確認が出来ない場合・再提出の疑問を解消

ビットフライヤーの取引口座開設時に行う本人確認に関する悩みや疑問の解決策をまとめてみました。また身分証の撮影方法を細かく...

shutterstock_693736480

仮想通貨のネム(NEM・XEM)が将来いくらまでいくか自分的...

皆さん仮想通貨で儲かっていますか?今現在3月だけを見れば、損している人が多いのではないでしょうか?取引所では仮想通貨が盗...

shutterstock_636632101

自動車業界にも本格的にブロックチェーン導入・研究・技術実験・...

自動車業界に対しブロックチェーンの導入が話題になっており、今まで個別の自動車メーカーが導入を決めたことや研究がなされる事...

shutterstock_778670602

LINEが仮想通貨の取引所を始めたら取引通貨は28種類の通貨...

日本で身近なアプリとして有名な「LINE」が仮想通貨交換業者になりました。今回はLINEがどの様な仮想通貨取引所サービス...

shutterstock_692099842

初心者のありがちな初めてのビットコイン取引の失敗7選

「仮想通貨投資で億り人??」なんてテロップをみて「よし!私も仮想通貨投資やってみるか」と考える人は多いのではないでしょう...

shutterstock_700329394

NASAが宇宙探査機にブロックチェーン技術、研究には助成金

宇宙探査に向けブロックチェーン技術が活用される。宇宙探査に向けて、様々な場所でブロックチェーン技術が使われきています。最...