仮想通貨のレポート:コインレポート > コンテンツ一覧 > ビットフライヤー, 注文方法 > 難しい?簡単?ビットフライヤーの注文方法で思う4つの事

難しい?簡単?ビットフライヤーの注文方法で思う4つの事

難しい?簡単?ビットフライヤーの注文方法で思う4つの事

印象で難しいと思っている人が多い仮想通貨の売買方法について、今回はビットフライヤーでの注文方法で思う事を書いてみました。

 
 
 

■販売所での注文は、しない方が良い!?

 

販売所で売買すると成行注文という手法しか使えない為、注文確定ボタン押す数秒の間に金額が変わって損をする可能性が大きくあります。たった数秒で、そんなに変わらないだろうと思っていると痛い目にあいますのでご注意ください。

 

例えば、1BTCが100万円だとします。(便宜上、仮定の金額で説明しています。)100万円のお金を入れていて、さあ買うボタンを押す時に101万になっていたら、お金が足りないので買えません。

 

その機会を逃したら、仮想通貨の価格は激しいので110万とか200万とかになりチャンスを逃す事があります。もちろん下落して99万とかになれば再度、買うチャンスが来ますが改めて注文をする必要があります。

 

または、1BTCを持っていて、100万円で売ろうとした時にタイミングのずれで99万円なっていたら1万円の損になります。自分の考えている金額ではない額で注文がされてしまうのが成行注文であり、損をするリスクが高い注文方法です。

 

金額が大きくなれば、それだけ損失の額も膨れますので小さな額でしょと安易な考えは持たないようにしましょう。経験から言えば、販売所や成り行き注文は初心者や玄人でも、するべきではないです。急いでいる場合でも金額が大きくなれば損する額も大きくなるので止めましょう。

 
 
 

■取引所での注文が一番良い!

 

取引所での注文方法は指値注文という手法になります。指値注文とは、数量と金額を決めて注文すると、その金額になったら注文処理がされる方法です。何が良い点なのか?といいますと自分で決めた金額で処理される事です。

 

その金額にならないと注文処理はされませんが手数料は同じなので、毎日気にせず希望額になるのを待つ事は出来ます。もちろん、今は(例)100万円なのに80万円とか150万円とかでは直ぐには買えませんし売れません。しかしズレによる確定前の値動きで損をする事はありません。

 
 
 

■取引所での取引量の多さがポイント

 

取引所の仕組みについて理解する必要があります。簡単に取引所の仕組みを説明すると、人対人です。買いたい人と売りたい人が同じ数量と金額を提示する事で成立します。本当はもっと複雑な仕組みですが簡単に言っています。ビットフライヤーは仲介で手数料をもらっている形です。

 

取引量が多いということはマッチングのしやすさが上がります。多いと注文の決済の確率は高くなるので大きなメリットではないでしょうか。ちなみに販売所は人対ビットフライヤーの取引になります。

 
 
 

■アルトコインは販売所でしか注文できない!

 

アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨全ての総称みたいなものです。ビットフライヤーのビットコインは取引所と販売所があり、選べますがアルトコインは、販売所でしか売買が出来ません。

 

この点に関しては、ビットフライヤーの弱点かもしれません。先程も書きましたが、販売所の場合は成行注文になり、思った金額で確定しない場合もあります。取引量はビットコインに引っ張られる形で、アルトコインも多いようなので今は問題なく、取引が出来ていますが今後は動向を見守る必要があります。

 
 
 

■ビットフライヤーの注文方法で思う事 まとめ

 

ビットフライヤーでの注文方法で思う事を述べさせていただきました。ビットコインであれば、取引所が良い事やアルトコインは販売所でしか売買できない事等を書きましたがどんな印象を持たれたでしょうか?人によっては、なるほどと理解いただける方やもっと良い取引方法があるよと思われた方もいると思います。

 

その一つがFXです。bitFlyerLightningでFX取引が出来ます。しかし今回は触れませんでした。初心者は手を出さない方が良いのもありますが詳しく説明するのであれば、FXに絞ってお話できればと思います。

 

注文一つとっても、ビットフライヤーでは様々な方法があり、どうしても難しく感じてしまいがちですが一つ一つを見てみると簡単に覚えられますので一度、経験して見ると違った印象を持たれると思います。

shutterstock_329097944

仮想通貨、課税の計算方法・法人税は?

法人税の場合は個人と同じで仮想通貨を売った場合にその時点で法人税が発生するのでしょうか?または法人の場合は決算時などに資...

shutterstock_607564421

イスラム国家において仮想通貨市場の流れ規制緩和の動き

イスラム国家において仮想通貨市場の規制緩和のような流れが出てきています。その流れについての2つの出来事についてお伝えしま...

shutterstock_1024356955

透明性がある仮想通貨Stellar「ステラ」「XLM」とは

ステラはリップルの初期開発メンバーで、マウントゴックスの創設者であるジェド・マケーレブ氏が中心となって開発され、コンピュ...

shutterstock_1049583260

NAGACOINはフィンテックが行ったICO案件

NAGACOINは既に証券取引所に上場しているフィンテック企業が行ったICO案件で、特にビットコイン界のイエス・キリスト...

shutterstock_1071744227

仮想通貨が日本と韓国で盛ん・保有率最高・金融の専門家を採用・...

ダリアサーチが仮想通貨の保有状況について調査したところ、日本と韓国において保有率が高いことがわかりました。さらに日本にお...

shutterstock_622105646

仮想通貨の確定申告に必要書類な書類はどのような書類?どこでも...

確定申告に必要な書類などがあればどこでもらえるのか?ダウンロードなどが可能かを教えて頂きたいです。書類に種類などはあるの...

shutterstock_1028004997

初心者にもオススメの仮想通貨国内取引所とは?

2018年に入り、仮想通貨取引所は金融庁からの規制・指導により、セキュリティ面や運営方法に厳しいチェックが入るようになり...

shutterstock_1048183960

ビットコインを紙幣にして試験販売!?仮想通貨が紙幣に?

仮想通貨を保有していることに紙幣として持ち歩かないことから一部の人からはデジタル通貨としてなかなか認識されなく、普及にブ...

shutterstock_141049456

仮想通貨の確定申告ですが難しいし、間違いそう・面倒なのでしな...

確定申告をしないとどうなるのでしょうか?今まで学生でしたので確定申告などを行った事が無いですが簡単に行えるものなのでしょ...

shutterstock_1067732219

実は本格的!?モナコインの実力とその特徴と今後の予想5選

モナコインは日本発祥の仮想通貨で、2014年から市場に出回りました。最初の開発者は「Mr.watanabe」と呼ばれてい...