仮想通貨のレポート:コインレポート > コンテンツ一覧 > ICO, NAGACOIN, フィンテック > NAGACOINはフィンテックが行ったICO案件

NAGACOINはフィンテックが行ったICO案件

NAGACOINはフィンテックが行ったICO案件

NAGACOINは既に証券取引所に上場しているフィンテック企業が行ったICO案件で、特にビットコイン界のイエス・キリストと呼ばれているロジャー・バー氏が顧問を務めていることでも注目されました。NAGACOINに対し、大物著名人も注目されていることもあって、将来的にもツイッター上にて評価を得ています。NAGACOINについて詳しくお伝えします。

 
 
 

■NAGACOINの基本情報

 

NAGACOINの通貨名はNGCで、公開日は17年の12月1日となっています。プラットフォームがイーサリアムで最大発行枚数が4億NGCとなっています。

 
 
 

■NAGACOINの特徴

 

NAGACOINはバーチャルグッズが取引できる場所を創るプロジェクトとして立ち上がり、NAGA自体はドイツの拠点としている金融とIT技術を融合したフィンテック企業として、フランクフルトの証券取引所に上場しています。NAGAは、株式市場に上場した当時からの価格が400%も上昇していることから、期待度が高い企業として注目されています。

 

フィンテック企業として注目されているNAGAがブロックチェーンを使ったバーチャルグッズの取引交換を目指したICOがNAGACOINであり、NAGA自体はドイツ国内では知られている企業ですが、世界から注目されたとしてロジャー・バー氏がアドバイザーとして就任したが要因であったと思われます。

 

ロジャー・バー氏はビットコインが作られた初期の段階から投資をしていることで有名で、さらに先見の目があることとしても噂され、仮想通貨界でも影響力があることから、彼が何かを発言すれば、仮想通貨の相場が動くこととしても知られています。

 

NAGACOINがロジャー・バー氏以外でも注目される点として何かと言えば、まずNAGAの既存サービスである「SWIPESTOX」があり、同サービスは株式取引においてSNSの役目をしています。

 

既にこのサービスは毎月数百万件の取引を行っており、データを利用する際にはAI、人工知能を使うなどして、世界的にも革新的なサービスを提供している事から、実績を上げるているサービスとしても知られており、他社との差別化により他社に寄せ付けないサービスとして提供しています。

 

NAGACOINについてはSwitexを目的としているシステムに関わっており、Switexはゲームを通じてゲーム内のアイテムであるバーチャルグッズをブロックチェーン上で管理し、購入、販売、所有をもできるようにします。

 

このシステムによって、ソフトウェアの機能共有であるAPIと言う形で、世界中にあるゲームでアクセスできるようにしていきます。現在世界中にあるゲームがこのシステムを使うことで、バーチャルグッズを特定のゲームにだけに使えるだけにするのではなく、様々なゲームで使えることも可能とします。

 

大抵のゲームはそのゲーム内で使われるアイテムは、そのゲームでのプラットフォームでしか使えない事もあって、ゲームが終了した時点で使いものにならないことにもしばしばありました。

 

しかし、Switexによって様々なアイテムが同じプラットフォーム上にあるゲームにて使えるようになれば、ゲームをする側としてはすぐれたアイテム、バーチャルグッズを購入しゲーム内で使ったり、さらに同プラットフォーム上にて売買する事も可能になります。

 

実際イーサリアムのプラットフォーム上で動く仔猫育成ゲームのクリプトキティーズは様々な遺伝子を組み合わせて、独自の仔猫を育て上げることで、後に仔猫をオークションで売買する事も可能であるために、希少な仔猫に対しては日本円で数百万円で売れることも珍しくないとして、マネーが動くゲームとしても注目されています。

 

そのようにSwitex上のゲームが今後増えることで様々なゲームは取引ができるとして注目されています。さらに仮想商品を取引できるNAGAウォレットも存在し、バーチャルグッズをNAGAウォレットにて管理や取引ができるようになっています。

 

バーチャルグッズに関しては、脆弱性のあるデジタルデータであれば、データが消えてしまうリスクがありますが、NAGAウォレットはそのようなことがないよう防ぐために、データを分散して行なう分散ストレージを利用する事で安全に所持していくことが可能となっています。

 

通貨だけのウォレットだけでなく、グッズとしてもウォレットに保存できるNAGAウォレットであるため、今後、デジタル資産としてあらゆる分野で使われていく事も考えられます。

 
 
 

■NAGACOINの将来性

 

NAGACOINを現在取り扱っている取引所はHitBTCのみとなっており、今後取り扱う取引所が増えることも考えられます。NAGACOINがまだ公開して1年も経っていない事もあり、まずSwitexが普及してくるかによって価格にも影響をもたらすとも考えられます。

 

ゲームに関してはブロックチェーンであれば、イーサリアムゲームが続々と出てきているため、NAGACOINのプラットフォームが同じイーサリアムであることからSwitexとの互換性を今後高めていくことで普及率は高くなっていく事も考えられます。

 

ロジャー・バー氏はこのSwitexの創造性、将来性に着目しており、ビットコインのように将来有望として、しっかり見届けている部分があると思われます。まずゲームでのバーチャルグッズと言う観点から将来有望なコインとも言えます。

shutterstock_364326251

LINEの仮想通貨とブロックチェーン・取引所・ビットコイン決...

大手メッセージアプリであるLINEがここ数ヶ月、仮想通貨取引とそれに関わるブロックチェーン関連会社を設立した事もあり、今...

shutterstock_763611442

中国情報通信大手ファーウェイが17日最新のハイパーレジャーの...

中国情報通信大手であるファーウェイが、17日、最新のハイパーレジャーのブロックチェーンを発表しました。   ...

shutterstock_538755886

仮想通貨の法人口座を海外取引所に作る場合・作った場合は?

仮想通貨を取引する口座を海外に作った場合はどのような法人税が発生するのでしょうか?また海外に法人口座を作るのは問題は無い...

shutterstock_212651662

初めてBTCFXを始める初心者へ4つの注意点

「BTCFXで~万稼いだ!」とう声を周りで聞いたことはあるでしょうか??仮想通貨を保有していたらめちゃくちゃ稼げた!とい...

shutterstock_1103691485

仮想通貨の初心者は資金をいくらから始めれば良いのか?

初心者が仮想通貨を始めるにあたって、最初に資金はいくらから始めたら良いのか?どのくらい必要なのか目安についてを考えてみま...

shutterstock_1019222008

マスターカードがブロックチェーンにより偽造IDに対抗

マスターカードが、身元データ(ID)の保存と確認を行うブロックチェーンシステムの特許申請をしたことを米国特許商標庁(US...

shutterstock_511755013

仮想通貨の短期トレードを初めてしてみて思った4つの事柄

仮想通貨の短期トレードを初心者が経験して思う難しさと苦悩について説明します。またメリットや稼げる人の思考を少し紹介します...

shutterstock_313474802

仮想通貨の取引を法人化する方法・メリットは?

仮想通貨の取引を法人化し行いたいと思いますが個人、個人事業主などと違い法人化すると税金のメリットやデメリットを教えてくだ...

shutterstock_650811640

これから上がる?下がる?イーサリアムの将来性について考えてみ...

ビットコインに次ぐ時価総額を誇るイーサリアム。これから注目が集まるであろうイーサリアムの将来性について考えてみました。個...

shutterstock_456119011

スマホのウォレットで仮想通貨を管理する時の5つの注意点

仮想通貨をスマホで管理する際の注意すべき事を5つ、ご紹介します。一つ一つに対して気を付ける事で大きな損失や損害を防ぐ事が...