仮想通貨のレポート:コインレポート > コンテンツ一覧 > マイニング, 募金, 社会貢献 > 仮想通貨マイニングによる新しい募金や社会貢献の仕方

仮想通貨マイニングによる新しい募金や社会貢献の仕方

仮想通貨マイニングによる新しい募金や社会貢献の仕方

募金のあり方について、ブロックチェーンを活用する動きが出てきています。ユニセフがユニークな寄付の仕方として自宅にあるコンピュータを使って、マイニングにより寄付するサイトを立ち上げました。

 

気軽に始められるために今後活用されていくところも増えてくると予想されます。ユニセフでのマイニング以外にも、今、マイニングがどのような仕方があるのか詳しくお伝えします。

 
 
 

■ユニセフが仮想通貨マイニングによる寄付サイトを立ち上げ

 

ユニセフオーストラリアが「The Hope Page」と言うサイトを公開し、閲覧者がコンピュータの処理能力を提供する事で、仮想通貨マイニングを行われるサービスを公表しました。

 

マイニングで得た収益が寄付される仕組みであるために、誰でも所有しているコンピュータにより気軽に始めることができ、ユニセスは国際的に認められている機関である事から、今後寄付したいとして利用する人々が増加する可能性があります。

 

マイニングでの収益は寄付として水や食料など、バングラデシュの子供たちを救うために使われるとしています。

 

寄付のやり方はとても簡単で、https://www.thehopepage.org/にアクセスし、その後中央に現われる「START DONATING」をクリック、「セッションを許可する」をクリックすれば完了になります。

 

ユニセスのウェブサイトにアクセスしている間は、コンピュータの処理能力を提供する仕組みとなっているため、使われていないコンピュータであれば起動する事によって寄付に貢献するもできます。

 

コンピュータが提供する処理能力は20%~80%にまで選択することができることから、コンピュータで何か作業しているのであれば、その裏で動かすことにより寄付に貢献する事もできます。

 
 
 

■医学の発展に寄与するFoldingCoin

 

今回のユニセスに似たような一部のコンピュータの処理能力を提供するとしてFolding@homeと言う団体があります。

 

Folding@homeは2000年より稼働しており、医学に関する仮想実験を分散型コンピューティングで行う事を目的としており、ビットコインに関する最初の論文が2008年であったことから、8年前からプロジェクトとして存在していました。

 

Folding@homeは現状問題となっているタンパク質の折りたたみ異常が引き起こす病気があり、まだ不明なことが多いとされているこの謎を解き明かすために大掛かりな計算が必要であることから、個人が所有しているコンピュータの計算能力を借りることによって、病気の発生の原因の特定にも繋げます。

 

Folding@homeは提供して来れば、コンピュータの所有主に報酬としてFoldingCoinを提供し、提供する側はいただいたFoldingCoinをその後、仮想通貨売買に使う事ができます。

 

タンパク質が引き起こす折りたたみ異常が引き起こす病気として、クロイツフェルト・ヤコブ病がありますが、発症すると1年くらいで死に至るため、治らないとも言われています。社会貢献と言う意味で、自宅のパソコンを提供し仮想通貨をいただけることで、自宅のコンピュータを提供している人は増えてきています。

 
 
 

■自宅でマイニングしようと考えている方は注意が必要

 

ユニセフやFolding@homeを利用する場合には手軽に始めることができますが、最近では自宅のパソコンを利用して独自にマイニングをしようと考える方もおられます。

 

しかし、最近自宅にてマイニングによる報酬を得る方法は仮想通貨のレートが以前よりかは低いために採算性があわないことがあります。マイニングは特に処理能力を必要とする為に事前に必要なパソコンを用意しなくてはならないために電気代ばかりに費用がかさむことがあります。

 

ユニセフやFolding@homeは目的として社会貢献の関わることであるため、どのような目的でマイニングに携わっていくのか必要と言えます。徐々に仮想通貨の相場が上昇傾向になっていますが、採算性の事を考え、今は様子見と言った方がいいでしょう。

 
 
 

■仮想通貨マイニングによる新しい募金や社会貢献 まとめ

 

ユニセフやFolding@homeの件などは社会貢献に携わるために、今後様々な非営利団体がこのような寄付方法を活用していく事も考えられます。しかし、増えてくればその分、偽サイトを出回る可能性があるために、公式サイトからアクセスするように心がけるようにします。

 

偽サイトにアクセスする事で、ウィルスに感染する事やハッキング被害に会う事も考えられるために、話題が上ったところには注意が必要です。

 

仮想通貨をただマイニングして収益を得たいと考えている人は、今はマイナー業者がマイニング機器の性能がアップしている事から、メジャーな仮想通貨でなく、非メジャーである仮想通貨のマイニングをする方が得策と言えます。

 

採算性に見合ったマイニングによって、収益も安定してくるようにもなります。今後、マイニングの概念も様々な形に変化してくることも考えられます。

shutterstock_317403485

中東地域においてブロックチェーン技術が加速・ブートキャンプ・...

仮想通貨やブロックチェーン技術について、規制やコメントが発表している中で、中東地域では加速する流れが出てきています。中東...

shutterstock_725839555

仮想通貨のパスワードを設定する際に最適な桁数とは?

仮想通貨の運用にはセキュリティーが大事です。その際たる物がパスワードです。自分で設定するパスワードの桁数は何桁が有効なの...

shutterstock_716965849

ビットフライヤーの保証体制に思う5つの事柄・盗難保障・条件

ビットフライヤーは日本の取引所で始めて日本円の不正出金に対する補填・保証を始めました。その保証に思う事をまとめてみました...

shutterstock_783888472

サンフランシスコ連邦準備銀行総裁が仮想通貨の現状に下した2つ...

4月20日に米カルフォルニア州ぺブルビーチのUCバークレイフィッシャーセンターで開催講演会で現サンフランシスコ連邦準備銀...

shutterstock_1153301125

仮想通貨のパスワードをアプリで管理する事の賛否を検証

仮想通貨のパスワードをアプリを使って管理したり、アプリを使ってパスワードを決めたりする事がありますが実際はどうなのでしょ...

shutterstock_485074492

法人口座を取得しアフィリエイトにて紹介・受け取りを仮想通貨に...

法人口座を作りサイトを作成しアフィリエイトを行った場合受け取りが仮想通貨で受け取れる、仮想通貨のみとなる場合がございます...

shutterstock_1024949395

モナコインの特徴と将来性について

皆さんはモナコインという仮想通貨をご存知でしょうか?日本で初めて開発された仮想通貨として話題になりました。今回はモナコイ...

shutterstock_1133335841

モナコインとザイフとビットフライヤー初心者

2ch発祥の「モナコイン」、日本発の国産仮想通貨ということや2chのコミュニティに支えられて結構有名になってきました。 ...

shutterstock_770928178

仮想通貨はこれからどうなるのか?

みなさん一度は耳にしたことがあるであろう仮想通貨。実際に取引してる方、これから取引をしようと考えている方、まだ様子見とい...

shutterstock_517795558

三菱UFJの仮想通貨MUFGコインの進展・国際送金・テザー的...

三菱UFJ銀行が独自に開発したデジタル通貨であるMUFGコインが本格的に利用できるよう実証実験が行われています。MUFG...