仮想通貨のレポート:コインレポート > コンテンツ一覧 > Cardano, 取引所, 将来性, 特徴 > 仮想通貨Cardano(カルダノ)の特徴・将来性・取引所・とは

仮想通貨Cardano(カルダノ)の特徴・将来性・取引所・とは

仮想通貨Cardano(カルダノ)の特徴・将来性・取引所・とは

オンラインカジノなどを中心とするオンラインゲームは、ユーザーの増加に伴い非常に期待ができる産業である一方で、しばしば運営者が不正を冒し勝敗を左右していたり、個人情報を悪用されたりと、被害が後を断たないのが現状です。

 

こういった問題に着目し、ユーザーがより安全に透明に、オンラインゲームができる環境の構築を目指したプロジェクトがあります。

 
 
 

■Cardanoとは

 

仮想通貨Cardano(カルダノ)は、ブロックチェーンとスマートコントラクトを活用し、オンラインゲームにおける運営者の不正をなくし、透明かつ公正なゲーム環境をユーザーに提供する目的で開発されたプロジェクトです。

ブロックチェーンは改ざん不可能で誰でも閲覧できることから、スマートコントラクトはオンラインゲームであることから瞬時により正確に記録ができるよう一から開発され、導入されています。

 
 

仮想通貨名 Cardano(カルダノ)

 

通貨単位 ADA(エイダコイン)

 

認証方式 PoS(ウロボロス)

 

公開日 2017年10月

 
 
 

■Cardanoの特徴

 

・独自に開発されたスマートコントラクト

 

イーサリアムにおける通常のスマートコントラクトは、あらかじめ記述された契約の「条件」と「内容」に沿って自動的に実行するプロトコルのことをいいます。

 

しかし、通常のスマートコンタクトをそのまま使用するとスケーラビリティの問題が生じてしまったり、オンラインゲームという特性上より瞬時に複雑に記録する必要があったり、高度なセキュリティ対策を付加したいという意図のために、改良が為され、一から開発したスマートコントラクト「Plutus」となっています。

 
 

・専用ウォレットDaedalous

 

ADA(エイダコイン)は、ダイダロスウォレットに保管することができます。このウォレットは、セキュリティ性が高く、送金速度に優れます。また、将来的にイーサリアム、ビットコインなどの基軸通貨の保管にも対応したり、モバイルウォレットが開発される予定です。

 
 

・ウォレットの機能性の向上

 

ウォレットにマルチシグネチャのトランザクションに対応させたり、バックエンドの再設計を行いパフォーマンスの改善、UIに表示されるアドレスを大幅に短縮する機能の実装、より安全な管理のためにLedger Nano SにCardano(カルダノ)のサポートを追加するなど、充実しています。

 
 

・Cardanoデビットカードでの決済

 

将来的に、Cardanoデビットカードを利用して他の通貨の同じようにADA(エイダコイン)で支払いができるようになります。

 

カードの申請と許可を行うことで、Daedalous(ダイダロス)ウォレットを介して、CardanoデビットカードにADA(エイダコイン)を送金することができます。送金したADA(エイダコイン)は、希望する通貨に自動的に両替でき、この仕組みにより、Cadanoデビットカードを使用した日常生活での決済が可能になります。

 
 

・ウォレットの大幅な機能追加

 

今後予定されるダイダロスウォレットへ予定される機能の追加として、バックエンドの再設計、UIに表示されるアドレスの削減、Ledger Nano Sへのカルダノのサポート追加など、より使いやすさが改善されます。

 

特に、Cardanoデビットカードでの決済が可能になる点が魅力的です。カードの申請と許可を行うことで、CardanoデビットカードへダイダロスウォレットからADA(エイダコイン)を指定の通貨に両替して送金できるようになるので、日常生活における決済が可能になります。

 
 

■Cardanoのチャート

 

Cardanoチャート


 

出典:CoinGecko

 
 

仮想通貨Cadano(カルダノ)は、2017年10月の上場後、12月頃から値上がりが始まり、2018年1月の仮想通貨市場全体の高騰に際して1ドルを超え、ピークに達しました。その後一度落ち着きましたが、現在再度値上がりをみせています。

 
 
 

Cardanoの将来性

 

仮想通貨Cardano(カルダノ)のロードマップによると、サイドチェーンを採用することが決まっています。サイドチェーンに契約情報のコードを記述し動作させることで、メインチェーンへの負担を軽減し、処理能力を向上させることができます。ハッキング対策やスケーラビリティの問題の解消に繋がります。

 

スマートコントラクトも新たに独自開発しており、今後は機能性の向上に焦点をあてることができ、よりプロジェクトが充実することになるでしょう。

 
 
 

Cardanoを購入できる取引所

 

・Upbit(アップビット)

若者に人気なチャットアプリ「カカオトーク」を開発・運営するカカオ社によって設立された取引所です。アメリカ大手取引所Bitterexと連携し、124種類のアルトコインを取り扱います。現在、日本人の利用はできません。

 
 

・Bittrex(ビトレックス)

 

アメリカに本拠地を置く世界最大級の仮想通貨取引所です。200種類程度のアルトコインを取り扱います。手数料は0.25%で、Poloniexの最大手数料と同じくらいになります。

 
 

・Gate.io(ゲート)

 

中国の中堅取引所で、100種類を超えるアルトコインを取り扱います。同じ中国の取引所であるBinanceやKuCoinなどとは差別化を図った独自通貨を多く揃えます。他の大手取引所と比較すると使い勝手が少し悪いのが難点です。

 
 

■Cardano(カルダノ)の特徴 まとめ

 

仮想通貨Cardan(カルダノ)は、オンラインゲームにおける不正をスマートコントラクトとブロックチェーンの特徴を活用して軽減し、公正さと透明さを確保したゲーム環境を提供するプロジェクトです。

 

ユーザーが増え産業が成長していく中で、どんなプラットフォームでもユーザーの満足度を重視することが重要になります。ユーザーがあってシステムが成り立つので、こういったプロジェクトの今後に期待が集まります。

shutterstock_99841577

去年の仮想通貨の税金を支払ってないのに気がつきました今から支...

と思いますが税金は雑所得と決まる前なので払わなくて大丈夫なのでしょうか?雑所得となる今年では無くその前の年の税金となりま...

shutterstock_495741694

金融機関と関連企業でのブロックチェーン技術の普及が加速

最近、仮想通貨市場が堅調に伸びを示している状況以外にブロックチェーン技術を採用する流れが特に金融機関から聞きます。金融機...

shutterstock_620191889

【税金】仮想通貨の確定申告を行う場合に税理士さんの費用や時間...

仮想通貨の確定申告を始めるのには、いつくらい(時期)からスタートすれば良いでしょうか?また税理士さんに支払う報酬は金額な...

shutterstock_426088129

富士通が台湾でのファミリーマートにてブロックチェーン実証実験...

■台湾のファミリーマートにて、ブロックチェーンを使ったクーポン配布   日本の大手IT企業である富士通が、...

shutterstock_726434383

ICO・Selfsellが実現する2つの社会とは?若者へ投資...

資本社会でもっとも大切なリソースは何か? それは人間です。事業を展開していくためには適性がある人材を配置する必要があり...

shutterstock_793236535

資産管理サービスでもブロックチェーン普及が進む

資産管理サービスの分野でもブロックチェーンの普及が加速しています。資産と言うと預金だけに限らず、投資や不動産、さらに金な...

shutterstock_789745276

仮想通貨交換業が金融庁にしている登録業者16社によって新しい...

現時点、金融庁にしている登録業者16社によって新しい組織が発足されました。この事から今後期待されることなど詳しくお伝えし...

shutterstock_1022858326

仮想通貨の税金は本当に「雑所得・高税率」なのかレポート

1.仮想通貨=雑所得・高税率という誤解   仮想通貨の税務について調べると、しばしば「仮想通貨は雑所得であ...

shutterstock_675594247

初めての方は登録前に要チェック!ビットフライヤーを使ってみて...

2017年から乱高下を繰り返し、様々なニュースが流れるようになった仮想通貨。私自身も国内での仮想通貨取引量No.1のビッ...

shutterstock_636632101

自動車業界にも本格的にブロックチェーン導入・研究・技術実験・...

自動車業界に対しブロックチェーンの導入が話題になっており、今まで個別の自動車メーカーが導入を決めたことや研究がなされる事...