仮想通貨のレポート:コインレポート > コンテンツ一覧 > LINE, 取引所, 取引通貨 > LINEが仮想通貨の取引所を始めたら取引通貨は28種類の通貨?

LINEが仮想通貨の取引所を始めたら取引通貨は28種類の通貨?

LINEが仮想通貨の取引所を始めたら取引通貨は28種類の通貨?

日本で身近なアプリとして有名な「LINE」が仮想通貨交換業者になりました。今回はLINEがどの様な仮想通貨取引所サービスを開始したのかや取り扱い通貨をご紹介していきます。

 
 
 

■LINEが仮想通貨取引所を開設

 

2018年6月に開設されたLINEの仮想通貨取引所は「BITBOX」という名前で展開されました。

 
 

会社名:BTCボックス株式会社

商号:BTCボックス株式会社

商号英文表示:BTCBOX Co.,Ltd.

事業内容:仮想通貨交換業: 仮想通貨取引所「BTCBOX」運営

設立日:2014年3月6日

本社所在地:東京都中央区日本橋茅場町二丁目8番1号 BRICK GATE 茅場町 5階

代表者(CEO):David Zhang

仮想通貨交換業登録:関東財務局長 第00008号

 
 

日本で仮想通貨交換業者登録をおこなっていますが、日本とアメリカからではBITBOXでの口座開設を行うことが出来ません。今後、日本やアメリカで使用できるようになる可能性もありますが、現状BITBOXを利用したいと考えているのであれば海外で開設することをオススメいたします。

 
 
 

■BITBOXで取り扱っている仮想通貨一覧

 

日本で新規取引が出来ない為、「国内仮想通貨取引所」とはできませんが「日本の会社」とするのであれば珍しく多くの仮想通貨を取り扱っています。国内の仮想通貨取引所では審査が厳しい為、扱える仮想通貨の種類が少ないのですが、BITBOXでは28種の仮想通貨を取り扱っています。

 
 

○取り扱い仮想通貨一覧

 

  • ・Aion (AION) アイオン
  • ・Basic Attention Token(BAT)
  • ・Bitcoin Cash (BCH) ビットコインキャッシュ
  • ・Bitcoin (BTC) ビットコイン
  • ・Bitcoin Gold (BTG) ビットコインゴールド
  • ・Civic (CVC) シビック
  • ・DigiByte (DGB) デジバイト
  • ・Aelf (ELF) エルフ
  • ・Ethereum Classic (ETC) イーサリアムクラッシック
  • ・Ethereum (ETH) イーサリアム
  • ・Golem (GNT) ゴーレム
  • ・Kyber Network (KNC) カイバ―ネットワーク
  • ・Litecoin (LTC) ライトコイン
  • ・MonaCoin (MONA) モナーコイン
  • ・Nucleus Vision (NCASH) ニュークリアス・ビジョン
  • ・OmiseGO (OMG) オミセゴー
  • ・Quantstamp (QSP) クアントスタンプ
  • ・Qtum (QTUM) クアンタム
  • ・ReddCoin (RDD) レッドコイン
  • ・Augur (REP) オーガー
  • ・SALT (SALT) ソルト
  • ・Status (SNT) ステータス
  • ・Tether (USDT) テザー
  • ・VeChain (VEN) ヴィチェーン
  • ・Stellar (XLM) ステラ
  • ・XRP (XRP) リップル
  • ・Zilliqa (ZIL) ジリカ
  • ・0x (ZRX) ゼロエックス

 
 

○28種類もの仮想通貨が取引可能な理由は??

 

日本国内で仮想通貨取引所を開設するとなると金融庁が目を開かせていますから、28種類の仮想通貨を取り扱うの非常い難しいと考えられます。しかしながらBITBOXでは拠点をシンガポールにすることや規制の厳しい日本やアメリカからの口座開設をさせないことによって28種類もの仮想通貨を取り扱うことに成功しています。

 

同じ様な境遇の仮想通貨取引所として「バイナンス」があげられますが、バイナンスは当初中国で開業の後、香港、マルタと場所を転々としています。仮想通貨をとりまく状況は刻々と変化しており、仮想通貨の規制を各国でどのようにしようか手をあぐねている様子が見て取れます。

 

しかしながら、世界各国で仮想通貨を金融資産にとりいれようという取り組みや法律ができあがりつつありますのでアメリカに関しては気持ち早くBITBOXの取引が開始されるかのうせいを秘めています。日本の場合は現状の仮想通貨取引所も業務改善命令をうけていますので今後の動向に注目となります。

 
 
 

■BITBOXが28種類もの取引通貨をだすメリット

 

取引通貨が28種類以上ある仮想通貨取引所であれば他にもたくさんあるのですが、LINEが経営する仮想通貨取引所「BITBOX」だからこそのメリットが存在します。

 

LINEの月間アクティブユーザー数は2億人以上いますので、LINEのプラットフォームで仮想通貨を取り扱いするということはこのユーザーが全て見込み客になることを意味しています。

 

仮想通貨取引所や証券会社は取引量が多ければ多いほど取引手数料が少なくなるので28種類の仮想通貨が一番取引手数料が安く取引できる仮想通貨取引所になる可能性をひめています。

 
 
 

■まとめ

 

いかがでしたでしょうか?今回はLINEが開設した仮想通貨取引所である「BITBOX」をご紹介いたしました。現状では日本やアメリカで使用できないのが欠点ではありますが、今後の動向によっては取引できる可能性もありますので期待ですね。

shutterstock_1024356955

透明性がある仮想通貨Stellar「ステラ」「XLM」とは

ステラはリップルの初期開発メンバーで、マウントゴックスの創設者であるジェド・マケーレブ氏が中心となって開発され、コンピュ...

shutterstock_709036522

リップル初心者が取引を行う時オススメな取引所

仮想通貨を初めて購入する場合、どの取引所がいいのかわからないですよね?仮想通貨の取引所って多すぎて選べないし、セキュリテ...

shutterstock_152149322

仮想通貨を法人投資で取引し含み益・含み損・損失が発生した場合...

仮想通貨を取引しており評価が含み損となっておりますが仮想通貨自体を決済せずに償却や決算に計上などは可能なのでしょうか?反...

shutterstock_1024949395

モナコインの特徴と将来性について

皆さんはモナコインという仮想通貨をご存知でしょうか?日本で初めて開発された仮想通貨として話題になりました。今回はモナコイ...

shutterstock_620160182

仮想通貨に設定しているパスワードを忘れた時にとる3つの行動!

仮想通貨の運用には、必ず設定するパスワードですが、ふとした時に忘れる事があります。そんな時にとると良い行動と、事前策を紹...

shutterstock_1049583260

NAGACOINはフィンテックが行ったICO案件

NAGACOINは既に証券取引所に上場しているフィンテック企業が行ったICO案件で、特にビットコイン界のイエス・キリスト...

shutterstock_382948057

仮想通貨の税金計算を代行で税理士さんにお願いしたら

いくらくらいかかりますか?問い合わせだけでもお金かかりますか?問い合わせだけでもお金かかりますか?仮想通貨の損益を税理士...

shutterstock_1050093695

難しい?簡単?ビットフライヤーの注文方法で思う4つの事

印象で難しいと思っている人が多い仮想通貨の売買方法について、今回はビットフライヤーでの注文方法で思う事を書いてみました。...

shutterstock_520325893

法人が仮想通貨で利益(含み益)での税金の節税方法・厳選38選

法人が仮想通貨で利益を上げた場合に出来る節税方法 随時更新を致します。仮想通貨に限らずに法人税を節税出来る38選となりま...

shutterstock_456119011

スマホのウォレットで仮想通貨を管理する時の5つの注意点

仮想通貨をスマホで管理する際の注意すべき事を5つ、ご紹介します。一つ一つに対して気を付ける事で大きな損失や損害を防ぐ事が...