仮想通貨のレポート:コインレポート > コンテンツ一覧 > LINE, 取引所, 取引通貨 > LINEが仮想通貨の取引所を始めたら取引通貨は28種類の通貨?

LINEが仮想通貨の取引所を始めたら取引通貨は28種類の通貨?

LINEが仮想通貨の取引所を始めたら取引通貨は28種類の通貨?

日本で身近なアプリとして有名な「LINE」が仮想通貨交換業者になりました。今回はLINEがどの様な仮想通貨取引所サービスを開始したのかや取り扱い通貨をご紹介していきます。

 
 
 

■LINEが仮想通貨取引所を開設

 

2018年6月に開設されたLINEの仮想通貨取引所は「BITBOX」という名前で展開されました。

 
 

会社名:BTCボックス株式会社

商号:BTCボックス株式会社

商号英文表示:BTCBOX Co.,Ltd.

事業内容:仮想通貨交換業: 仮想通貨取引所「BTCBOX」運営

設立日:2014年3月6日

本社所在地:東京都中央区日本橋茅場町二丁目8番1号 BRICK GATE 茅場町 5階

代表者(CEO):David Zhang

仮想通貨交換業登録:関東財務局長 第00008号

 
 

日本で仮想通貨交換業者登録をおこなっていますが、日本とアメリカからではBITBOXでの口座開設を行うことが出来ません。今後、日本やアメリカで使用できるようになる可能性もありますが、現状BITBOXを利用したいと考えているのであれば海外で開設することをオススメいたします。

 
 
 

■BITBOXで取り扱っている仮想通貨一覧

 

日本で新規取引が出来ない為、「国内仮想通貨取引所」とはできませんが「日本の会社」とするのであれば珍しく多くの仮想通貨を取り扱っています。国内の仮想通貨取引所では審査が厳しい為、扱える仮想通貨の種類が少ないのですが、BITBOXでは28種の仮想通貨を取り扱っています。

 
 

○取り扱い仮想通貨一覧

 

  • ・Aion (AION) アイオン
  • ・Basic Attention Token(BAT)
  • ・Bitcoin Cash (BCH) ビットコインキャッシュ
  • ・Bitcoin (BTC) ビットコイン
  • ・Bitcoin Gold (BTG) ビットコインゴールド
  • ・Civic (CVC) シビック
  • ・DigiByte (DGB) デジバイト
  • ・Aelf (ELF) エルフ
  • ・Ethereum Classic (ETC) イーサリアムクラッシック
  • ・Ethereum (ETH) イーサリアム
  • ・Golem (GNT) ゴーレム
  • ・Kyber Network (KNC) カイバ―ネットワーク
  • ・Litecoin (LTC) ライトコイン
  • ・MonaCoin (MONA) モナーコイン
  • ・Nucleus Vision (NCASH) ニュークリアス・ビジョン
  • ・OmiseGO (OMG) オミセゴー
  • ・Quantstamp (QSP) クアントスタンプ
  • ・Qtum (QTUM) クアンタム
  • ・ReddCoin (RDD) レッドコイン
  • ・Augur (REP) オーガー
  • ・SALT (SALT) ソルト
  • ・Status (SNT) ステータス
  • ・Tether (USDT) テザー
  • ・VeChain (VEN) ヴィチェーン
  • ・Stellar (XLM) ステラ
  • ・XRP (XRP) リップル
  • ・Zilliqa (ZIL) ジリカ
  • ・0x (ZRX) ゼロエックス

 
 

○28種類もの仮想通貨が取引可能な理由は??

 

日本国内で仮想通貨取引所を開設するとなると金融庁が目を開かせていますから、28種類の仮想通貨を取り扱うの非常い難しいと考えられます。しかしながらBITBOXでは拠点をシンガポールにすることや規制の厳しい日本やアメリカからの口座開設をさせないことによって28種類もの仮想通貨を取り扱うことに成功しています。

 

同じ様な境遇の仮想通貨取引所として「バイナンス」があげられますが、バイナンスは当初中国で開業の後、香港、マルタと場所を転々としています。仮想通貨をとりまく状況は刻々と変化しており、仮想通貨の規制を各国でどのようにしようか手をあぐねている様子が見て取れます。

 

しかしながら、世界各国で仮想通貨を金融資産にとりいれようという取り組みや法律ができあがりつつありますのでアメリカに関しては気持ち早くBITBOXの取引が開始されるかのうせいを秘めています。日本の場合は現状の仮想通貨取引所も業務改善命令をうけていますので今後の動向に注目となります。

 
 
 

■BITBOXが28種類もの取引通貨をだすメリット

 

取引通貨が28種類以上ある仮想通貨取引所であれば他にもたくさんあるのですが、LINEが経営する仮想通貨取引所「BITBOX」だからこそのメリットが存在します。

 

LINEの月間アクティブユーザー数は2億人以上いますので、LINEのプラットフォームで仮想通貨を取り扱いするということはこのユーザーが全て見込み客になることを意味しています。

 

仮想通貨取引所や証券会社は取引量が多ければ多いほど取引手数料が少なくなるので28種類の仮想通貨が一番取引手数料が安く取引できる仮想通貨取引所になる可能性をひめています。

 
 
 

■まとめ

 

いかがでしたでしょうか?今回はLINEが開設した仮想通貨取引所である「BITBOX」をご紹介いたしました。現状では日本やアメリカで使用できないのが欠点ではありますが、今後の動向によっては取引できる可能性もありますので期待ですね。

shutterstock_793304539

仮想通貨仮想通貨Dent(デント)の特徴・将来性・取引所・と...

スマートフォンの普及に伴い、いつでもニュースやSNSをみたり友人と連絡をとったりすることができ、日常生活において非常に便...

shutterstock_317403485

中東地域においてブロックチェーン技術が加速・ブートキャンプ・...

仮想通貨やブロックチェーン技術について、規制やコメントが発表している中で、中東地域では加速する流れが出てきています。中東...

shutterstock_327475154

ビットフライヤーの日本円出金手数料を安くする方法

仮想通貨の取引で稼げたお金を、ビットフライヤーから自分の銀行口座に出金する際にかかる手数料を、安く抑える方法をまとめてみ...

shutterstock_457429549

IMFが世界の債務負担報告と世界不況と仮想通貨のあり方

IMFからの発言から見る仮想通貨の流れ、IMF(国際通貨基金)から様々な状況と専務理事であるラガルド氏からの発言が話題に...

shutterstock_611045375

エンターテイメント業界の仮想通貨・エイベックス・トロン・アー...

国内のエンターテイメント業界に影響を与えているエイベックスが仮想通貨関連事業に参入する言う話題が出できました。 &nb...

shutterstock_1133335841

モナコインとザイフとビットフライヤー初心者

2ch発祥の「モナコイン」、日本発の国産仮想通貨ということや2chのコミュニティに支えられて結構有名になってきました。 ...

shutterstock_648434575

ビットフライヤーを支える株主はなぜ大企業が多いのか考察してみ...

ビットフライヤーの株主には大手が多いのですがなぜでしょうか?様々な事を実際にビットフライヤーを支える株主はなぜ大企業が多...

shutterstock_556122865

損をしないために!仮想通貨にかかる税金を知ろう!

2018年初頭、NEM流出騒動でネガティブな印象になってしまった仮想通貨。しかし逆転の発想で「今が買い時」と売買を始めら...

shutterstock_1009296073

仮想通貨の税金が高すぎると思いますが、法整備や法改正や法律は...

決まっているのでしょうか?税金などの改正はいつ誰がどのように決めているのでしょうか?今度変わるとしたらいつくらいでしょう...

shutterstock_109111271

全然、仮想通貨の税金・納税がわかりません。簡単にわかりやすく...

仮想通貨の納税や税金が全然わかりません。税金がどのように課税されて、税金の珪酸を行えばよいでしょうか?税金は絶対に払わな...