仮想通貨のレポート:コインレポート > コンテンツ一覧 > Vechain, 取引所, 将来性, 特徴 > 仮想通貨VeChain(ヴェチェーン)の特徴・将来性・取引所・とは

仮想通貨VeChain(ヴェチェーン)の特徴・将来性・取引所・とは

仮想通貨VeChain(ヴェチェーン)の特徴・将来性・取引所・とは

中国や東南アジアなどでは、偽ブランド品が出回っていて、その被害が後を絶ちません。その原因として、なかなか外見からは本物か偽物かを判断するのが難しいということが考えられます。こういった課題をブロックチェーンとIotデバイスとを組み合わせてソリューションを提供するプロジェクトがあります。

 
 
 

■VeChain(ヴェチェーン)とは

 

仮想通貨VeChain(ヴェチェーン)は、IoT製品とブロックチェーンを活用して商品や情報の追跡を可能にするプラットフォームです。活用事例として、ブランド品の商品の真贋(しんがん)を確かめるなどが挙げられます。

 
 
 

■VeChain(ヴェチェーン)の特徴

 
 

・Iotデバイスとブロックチェーンの活用

 

デバイスや製品にNFCチップやQRコード、RFIDを付加し、情報の管理をブロックチェーン上で行います。改ざん不可能で、だれでも閲覧可能であることが相性がいいといえます。

 
 

・高級品の真贋を確かめる

 

VeChain(ヴェチェーン)では、NFCチップと呼ばれる正規品であることを証明するチップを製品に埋め込み、これらの情報を改ざん不可能なブロックチェーンを管理することで、製品の真贋を追跡します。

 

消費者は、VeChain(ヴェチェーン)モバイルアプリケーションかNFCリーダーを使用し、内臓チップをスキャンすることで、製品に付随する”ストーリー”を確認することができます。

 
 

・農業における透明化

 

中国や東南アジアなどでは農薬の使い過ぎや衛生管理の悪さなどが悪評となっています。肥料や農薬量などを生産過程からIotデバイスと組みあわせて、正確なデータがモニタリングできるようになります。

 
 

・物流管理の透明化

 

従来、サプライチェーンでの過程では、様々な業者を経由する必要があることから、運送状況や製品の在庫状況を相互に管理することが難しいという現状がありました。

 

ブロックチェーンを活用することで、小売業者や物流業者、運送業者などが、相互に情報を管理、サプライチェーンの効率を高めることができます。ブロックチェーンは改ざんができないので、データの正確性が担保されます。

 

・政府などにおけるタスクの簡略化

 

政府や企業内において、クラウドによる中央サーバー管理では、中央管理者であるおおもとがハッキングや災害時に脆弱性を攻撃された際に情報の紛失や復旧に時間を要したり、情報へのアクセス権限の差別など問題が多く生じていました。

 

そこで、政府や企業の部署が、ノードとして参加することで、ブロックチェーンネットワークで機能し、これらの課題を解決します。様々な部署やオフィス間で情報の共有がなされ、平等な情報管理による連携をより良くします。

 
 
 

VeChain(ヴェチェーン)のチャート

vechainチャート

出典:CoinGecko

 
 

VeChain(ヴェチェーン)は、2017年12月までほぼ価格がない状況が続きましたが、2018年1月の仮想通貨市場全体の高騰に伴い、一時期8ドルまで値上がりしました。一時期値下がりしましたが、また高騰してきており、現在6ドル近くまで値を戻してきています。

 
 
 

■VeChain(ヴェチェーン)の将来性

 

Iotデバイスと仮想通貨を組み合わせた類似したプロジェクトとして、IOTA(アイオータ)があります。IOTA(アイオータ)は、Iotデバイスにおける少額決済を実現し、最適化するためのプラットフォームです。決済などにおける情報の共有をスムーズにし、日常生活における利便性を高める意図があります。

 

一方で、VeChain(ヴェチェーン)は、実際に生じている課題をブロックチェーンとIotデバイスを組み合わせたソリューションを提供するプラットフォームであることから差別化が図られています。

 

現在VeChainブロックチェーンを活用するノードは111、世界5カ国(イギリス、ドイツ、中国、韓国、日本)に及び、その特徴から企業との提携が多くなると予測されます。開発元が中国であることから、規制を受ける可能性があるという点が懸念されます。

 
 
 

VeChain(ヴェチェーン)を購入できる取引所

 
 

・Binance(バイナンス)

 

Binance(バイナンス)は2017年7月に開設された中国の仮想通貨取引所です。Google翻訳機能を利用した日本語対応も可能です。2017年12月には仮想通貨取引量も世界最大となり、取扱通貨も100種類以上と急成長してる仮想通貨取引所です。また、取引手数料も0.1%と安く、取引所独自のトークンであるBNBを使えば0.05%と破格の安さで売買を行うことができます。

 

・Gate.io(ゲート)

 

中国の中堅取引所で、100種類を超えるアルトコインを取り扱います。同じ中国の取引所であるBinanceやKuCoinなどとは違った独自通貨を多く揃えます。他の大手取引所と比較すると使い勝手が少し悪いのが難点です。

 

・Huobi(フオビ)

 

仮想通貨取引所「Huobi(フオビ)」は中国の三大取引所のひとつで、中国の規制などあり拠点は香港にある取引所です。取り扱い仮想通貨は88種類と豊富で、様々な仮想通貨の売買に利用されています。ただ、他大手海外取引所の中でも、手数料が0.2%と比較的高いのが難点です。利用者の多さやセキュリティの安全さなど評価の高い取引所です。

 
 
 

■VeChain(ヴェチェーン)の特徴・将来性・取引所 まとめ

 

仮想通貨VeChain(ヴェチェーン)は、IoT製品とブロックチェーンを活用して商品や情報の追跡を可能にするプラットフォームです。IOTA(アイオータ)とは違い、現状の課題へソリューションを提供するという点で、魅力的といえます。企業との連携を強め、どの分野へ特化したソリューションを提供するかといった方向性の明確性によって結果がでてくるようになると推測されます。

shutterstock_195966932

金融庁の仮想通貨対応・新たな登録方針・金融庁研究会・SBIバ...

日本は世界全体でも仮想通貨の規制やルール作りにおいて進んでいる面があります。近いうちに仮想通貨交換業者に対し新たな登録方...

shutterstock_533456536

期待が持てる仮想通貨市場と、ブロックチェーンの行方

今週、仮想通貨に対して興味深いコメントが大物投資家からコメントが出るようになりました。そのコメントについて詳しくお伝えし...

shutterstock_329097944

仮想通貨、課税の計算方法・法人税は?

法人税の場合は個人と同じで仮想通貨を売った場合にその時点で法人税が発生するのでしょうか?または法人の場合は決算時などに資...

shutterstock_1024949395

モナコインの特徴と将来性について

皆さんはモナコインという仮想通貨をご存知でしょうか?日本で初めて開発された仮想通貨として話題になりました。今回はモナコイ...

shutterstock_1019706226

仮想通貨界の異端児ぺぺキャッシュの特徴6選・バーンによる価値...

ぺぺキャッシュは日本の取引所であるzaifで取り扱われている仮想通貨ではありますが、他の仮想通貨に比べるとかなりマイナー...

shutterstock_1006053223

仮想通貨で儲かった!!税金を払わなくていいように節税方法を考...

毎年行われている確定申告。2018年の確定申告で注目を集めたのが「仮想通貨の利益」に関する申告。今回は仮想通貨に関する確...

shutterstock_716965849

ビットフライヤーの保証体制に思う5つの事柄・盗難保障・条件

ビットフライヤーは日本の取引所で始めて日本円の不正出金に対する補填・保証を始めました。その保証に思う事をまとめてみました...

shutterstock_569977825

初心者でも大丈夫!?オススメの仮想通貨海外取引所は?

2017年、仮想通貨元年と呼ばれ、多くの方が仮想通貨の存在を知るとともに、多くのニュースが飛び交いました。そんな中、仮想...

shutterstock_261132095

ビットフライヤーでロスカットに・・・その時に思った3つの事

ロスカットの説明とその時の状態や苦悩について説明します。最後には対策の仕方についても解説します。   &n...

shutterstock_693736480

仮想通貨のネム(NEM・XEM)が将来いくらまでいくか自分的...

皆さん仮想通貨で儲かっていますか?今現在3月だけを見れば、損している人が多いのではないでしょうか?取引所では仮想通貨が盗...