仮想通貨のレポート:コインレポート > コンテンツ一覧 > ブロックチェーン, 大物投資家 > 期待が持てる仮想通貨市場と、ブロックチェーンの行方

期待が持てる仮想通貨市場と、ブロックチェーンの行方

期待が持てる仮想通貨市場と、ブロックチェーンの行方

今週、仮想通貨に対して興味深いコメントが大物投資家からコメントが出るようになりました。そのコメントについて詳しくお伝えします。

 
 
 

■年内にビットコイン2万ドル突破を予測

 

仮想通貨市場に投資をしているヘッジファンド、パンテラ・キャピタル・マネジメント(PCM)は、4月のニュースレターにおいてビットコインが年内に2万ドルまでに行く可能性が高いとウォールストリートジャーナルで13日伝えました。

 

PCMのCEOダン・モアヘッド氏は昨年12月の時点で、ビットコインが2万ドルの大台を到達する前に50%上下するかもしれないと予測した事で、その後今年2月にはビットコインが65%下落して7000ドルを下回ったことから、彼の発言には説得力があります。

 

今週に入ってからはビットコインが12日の時点でわずか30分以内に1000ドル以上の高騰を見せたことにより、最近のビットコインの高騰の要因は米国での確定申告が締日前のため、利益確定売りが落ち着いたためとも市場は見ています。

 

ニュースレターにおいてモアヘッド氏は、これほどまでに強い確信を持つことがほとんどなく、今後機関投資家によるマネーが市場を底上げしていくともコメントしています。

 

実際、今週初めにはロックフェラー系のベンチャーキャピタルである、ベンロックが仮想通貨投資ファンドであるコインファンドと提携し、さらに大物投資家であるジョージ・ソロス氏が率いる米国投資ファンドであるソロス・ファンド・マネジメントが仮想通貨投資を行なうことを明らかにしていることから、仮想通貨市場は不安定な乱高下の状態から今後は底堅い上昇するのでは予測されています。

 

モアヘッド氏はさらに、私の意見では今、数十年に及ぶ投資の最初のイニングと言われているが、最近のビットコインが200日間の移動平均線を下回ったことはめったにないと今は買いシグナルと述べており、投資する側は彼のコメントにより、今は投資しやすい状況とも言えます。

 

最近では、ゴールドマンサックスの幹部であるマイケル・ノヴォグラッツ氏も仮想通貨銀行に参加する事が報道されたことで、投資の中でも特に仮想通貨市場に他の投資に関わる機関や投資家がシフトしていると見ることができます。

 

大胆なビットコイン予測をするとして知られている米国著名アナリストでファンドストラット社の代表であるトム・リー氏もビットコインが年末までに2万5000ドル、日本円にして約268万円に到達するとも予測しており、市場関係者には期待や確信を得たコメントが増えてきています。

 
 
 

■ティム・ドレイパー氏による今後の政府の規制と仮想通貨の未来

 

米国のベンチャー投資家であるティム・ドレイパー氏はテスラやスカイプ、バイドゥなどの企業へ投資したことで知られており、起業家向けのドレイパー大学の創設者で、他に同氏がいくつもの仮想通貨にも関係している事でも有名な方としても知られている。

 

ドレイパー氏は今後のブロックチェーンが最も必要としているところして政府を上げています。

 

政府にとって人による高すぎるコスト、最悪のサービス、人々の多さを指摘し、ブロックチェーンは政府に対するヴァーチャル・レイヤー全体を作り出すとして、政府が改善していくことができるとコメントしています。

 

これによりサービスが提供できる数は増えて、質も改善し、コストも下がるために教育や医療などの様々な領域において良い方向に進むと言われています。

 

ブロックチェーンが政府に定着する事で仮想通貨市場にも良い影響をもたらし、さらに安定性をもたらすこととして、政府がいかに取りいれて行くかが鍵になっていくと言えます。

 
 
 

まとめ

 

ビットコインが2万ドルに向かう事、さらに今私たちが置かれている環境でブロックチェーンが使われていく事で、仮想通貨市場に安定性をもたらし、資産としても安全に持って行く事も可能になってくると言えます。

 

将来、市場と政府、そしてブロックチェーンの行方は前向きに捉えていい状況になってきています。

shutterstock_426088129

富士通が台湾でのファミリーマートにてブロックチェーン実証実験...

■台湾のファミリーマートにて、ブロックチェーンを使ったクーポン配布   日本の大手IT企業である富士通が、...

shutterstock_623577287

仮想通貨の確定申告をしようかと思いますが赤字(損)をしていま...

仮想通貨の赤字は次年度などには持ち越しなどは一切出来ないのでしょうか?繰越などが出来る場合はどのような手続きや内容を申告...

shutterstock_795095212

日本にて世界初ブロックチェーンスマホ発売

今年10月、世界で初めてブロックチェーンスマホが日本にて発売される事が決まりました。発売によってどのような影響、波及をも...

shutterstock_687427141

リップルとイーサリアムVechainの流れ

リップル(XRP)とイーサ(ETH)、そしてヴェチェーン(VET)がそれぞれにいろんな事が起きました。それぞれに起きた事...

shutterstock_511755013

仮想通貨の短期トレードを初めてしてみて思った4つの事柄

仮想通貨の短期トレードを初心者が経験して思う難しさと苦悩について説明します。またメリットや稼げる人の思考を少し紹介します...

shutterstock_556122865

損をしないために!仮想通貨にかかる税金を知ろう!

2018年初頭、NEM流出騒動でネガティブな印象になってしまった仮想通貨。しかし逆転の発想で「今が買い時」と売買を始めら...

shutterstock_734041420

初心者はチェック!ビットコインキャッシュの特徴と将来性につい...

ビットコインキャッシュとは、ビットコインからハードフォークにより、誕生した通貨です。ビットコインから分裂した通貨のため、...

shutterstock_317403485

中東地域においてブロックチェーン技術が加速・ブートキャンプ・...

仮想通貨やブロックチェーン技術について、規制やコメントが発表している中で、中東地域では加速する流れが出てきています。中東...

shutterstock_793236535

資産管理サービスでもブロックチェーン普及が進む

資産管理サービスの分野でもブロックチェーンの普及が加速しています。資産と言うと預金だけに限らず、投資や不動産、さらに金な...

shutterstock_394354900

韓国で「OmiseGOが新韓カードとの覚書に署名」仮想通貨決...

最近韓国での仮想通貨サービスが拡大している。5日には東南アジアに事業を展開しているOmiseが韓国のクレジットカード大手...