仮想通貨のレポート:コインレポート > コンテンツ一覧 > bitFlyer, ビットフライヤー, 初めて, 感想 > 初めての方は登録前に要チェック!ビットフライヤーを使ってみての感想

初めての方は登録前に要チェック!ビットフライヤーを使ってみての感想

初めての方は登録前に要チェック!ビットフライヤーを使ってみての感想

2017年から乱高下を繰り返し、様々なニュースが流れるようになった仮想通貨。私自身も国内での仮想通貨取引量No.1のビットフライヤーで仮想通貨取引を行っています。

 

今回はビットフライヤーをしばらく使ってみて感じた「強み」と「弱み」を私なりに書いてみたいと思います。これから登録してみようかなと思っている方の参考になれば幸いです。

 
 

■ビットフライヤーの強み

 

1.アカウント登録~取引実施までが簡単

2.アプリがあって使いやすい

3.セキュリティレベルが高い

4.補償制度がある

 
 

1.アカウント登録~取引実施までが簡単

まず初めにやらなければならないのがアカウント登録です。ビットフライヤーではスマホ一つで全て完結します。登録者本人の個人情報と銀行口座情報を入力し、本人確認書類画像を送ります。

 

数日後に書留郵便が届くので、これを受け取れば登録は完了です。仮想通貨の取引も難しそうに感じるかもしれませんが、そんなことはありません。アカウントに日本円を入金します。

 

これは銀行振込かコンビニなどから入金することも出来ます。入金が完了したら購入したい通貨を選択し、数量を選ぶだけです。登録から取引までスマホ一つで簡単に実施することが出来ます。

 
 

2.アプリがあって使いやすい

今の時代、当たり前かもしれませんが、ビットフライヤーのスマホアプリがあります。これがあれば移動中でも、どこでも取引が可能になり、とても便利です。(ガラケーをお使いの方は残念ながら対応していません。)

 
 

3.セキュリティレベルが高い

ビットフライヤーの最大の強みとも言えるのがセキュリティレベルの高さです。国内外で数多く販売所は存在しますが、世界No.1のセキュリティレベルを保有しています。

 

ビットフライヤー専門のセキュリティ会社と提携したり、ハッカーから仮想通貨を守るため管理体制を常に見直したりしています。加えてユーザーに対してもセキュリティ強化の警鐘を鳴らしてくれるほどです。

 

ハッキングによる盗難事件が現実に起こっていますから、セキュリティ強化は非常に重要ですね。

 
 

4.補償制度がある

もし万が一、ハッカーによる盗難事件が起こった時に補償制度が適用されます。もちろん全額を補償してくれるとは限りませんが、無一文になるリスクは少ないのではないでしょうか。

 
 
 

■ビットフライヤーの弱み

 

1.手数料が高め

2.取扱通貨が少ない

 

1.手数料が高め

仮想通貨取引時、入出金時などに手数料が発生します。これはビットフライヤー=業者を介すため、手間賃のようなイメージです。

この手数料が他の取引所に比べ、ビットフライヤーは高めになっています。よって頻繁に取引をしたり、入出金をしたりしていると手数料が多く取られ、その分利益が減ってしまうことになります。

 

2.取扱通貨が少ない

現在、仮想通貨は全部で1000種類存在すると言われています。その中でビットフライヤーが取り扱っている通貨は全7種類です。

 

(ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、モナコイン、リスク)

 

将来的に需要がありそうだと思い、購入を検討している通貨があっても取り扱っている通貨以外を購入することは出来ません。

 

ビットコインをはじめとする主要通貨は取り扱いをしているので、仮想通貨取引を始めたばかりの方は特に不便さを感じないかと思いますが、一獲千金を狙って草コインを購入したい人には適さないですね。

 
 

■結論

以上のことからビットフライヤーは「初心者の方でも始めやすい安心感のある国内取引所」だと感じます。仮想通貨取引はまだまだリスクを伴うものです。詐欺やハッキングなどにより自分の大事な資産を失うこともあります。

 

使いやすく便利な上に、セキュリティレベルが高いというのは非常に好印象が持てます。もしどの取引所にしようか迷っている方がいましたら、個人的にはビットフライヤーをおすすめいたします。ただし、自己責任でお願いします。

shutterstock_556122865

損をしないために!仮想通貨にかかる税金を知ろう!

2018年初頭、NEM流出騒動でネガティブな印象になってしまった仮想通貨。しかし逆転の発想で「今が買い時」と売買を始めら...

shutterstock_650811640

これから上がる?下がる?イーサリアムの将来性について考えてみ...

ビットコインに次ぐ時価総額を誇るイーサリアム。これから注目が集まるであろうイーサリアムの将来性について考えてみました。個...

shutterstock_1110484031

お金の洗浄!?マネーロンダリングによる事業者毎の対策は

先日、金融庁が複数の仮想通貨交換業の登録業者に対し、マネーロンダリングの不備に対して処分を行うことを発表しました。仮想通...

shutterstock_660055192

仮想通貨に人気が上がりつつも詐欺には注意

仮想通貨が今年始めには相場が下がりつつも、4月の米国の確定申告のシーズンが終わったのをきっかけに相場は緩やかながらも上昇...

shutterstock_566476294

仮想通貨の法人税の発生・税率・支払うタイミングは?

法人税の場合は個人と同じで仮想通貨を売った場合にその時点で法人税が発生するのでしょうか?または法人の場合は決算時などに資...

shutterstock_1027664242

アジアでの仮想通貨規制インドにおいて仮想通貨を禁止する流れ

インドにおいて、仮想通貨を禁止する流れが出ており、近隣のアジア地域にも仮想通貨取引を制限する流れが出てきています。アジア...

shutterstock_735482014

ビットフライヤーで扱っている仮想通貨を初心者が購入する6つの...

CMで「ビットフライヤー♪ビットフライヤー♪」と最近は多く見かけますがどんな取引所なのか?初めての時は疑問に思う事が多い...

shutterstock_1071744227

仮想通貨が日本と韓国で盛ん・保有率最高・金融の専門家を採用・...

ダリアサーチが仮想通貨の保有状況について調査したところ、日本と韓国において保有率が高いことがわかりました。さらに日本にお...

shutterstock_1042345735

仮想通貨VeChain(ヴェチェーン)の特徴・将来性・取引所...

中国や東南アジアなどでは、偽ブランド品が出回っていて、その被害が後を絶ちません。その原因として、なかなか外見からは本物か...

shutterstock_1009585462

マイニング分野の最新情報・マイニングファーム・ビットコイナー...

仮想通貨と言うと取引やプラットフォーム、ブロックチェーン技術の話題が多い状況ですが、マイニング分野においても様々な流れが...