モナコインとザイフとビットフライヤー初心者

モナコインとザイフとビットフライヤー初心者

2ch発祥の「モナコイン」、日本発の国産仮想通貨ということや2chのコミュニティに支えられて結構有名になってきました。

 

国内ではモナコインを購入できる仮想通貨取引所はたくさんありますが初心者からするとどれを選んだらよいか分かりませんよね。

 

今回はモナコインが購入できる仮想通貨取引所の中でも初心者におすすめのザイフとビットフライヤーをご紹介いたします。

 
 

■モナコインについておさらい

 

モナコインはそのネーミングセンスや2ch発祥ということもあり最初は「ネタコイン」扱いであったのですが最近ではその存在感を増してきています。

 

モナコインはライトコインを元に開発、SegWitの搭載やビットコインとのアトミックスワップなどもはや「ネタ」ではなく実際に使える仮想通貨となってきました。

 

また、モナコインは国内でも知名度がとても高くモナコインで支払いが可能なお店がどんどん増加しています。モナコインは技術力、知名度共にとても高いレベルであることが伺えますね。

 

世界での認知度はまだ低いですが今後その利便性や話題性から海外でも普及する可能性を秘めた仮想通貨といえます。

 
 

■取引所はどこを使えばいいの?

 

現在、モナコインを取り扱っている仮想通貨取引所は11ヵ所あります。

  • ・Zaif
  • ・bitFlyer
  • ・bitbank
  • ・Fisco
  • ・BitTrae
  • ・Upbit
  • ・Bittrex
  • ・Livecoin
  • ・CryptoBridge
  • ・EXX
  • ・Bleutrade

 

初心者にはたくさんあってどれを選んだらよいかわかりませんよね…この11ヵ所の中でも初心者におすすめのZaifとbiFlyerを紹介していきます。

 

Zaifは剛力彩芽さん、bitFlyerは成海璃子さんがイメージキャラクターを務めていますので仮想通貨投資を行っていない方々でも知っている方はいらっしゃるのではないでしょうか?

 

イメージキャラクターをしっかり起用しているところも良いポイントです。それではZaifとbitFlyerの違いや使いやすさなどを紹介していきます。

 

■Zaif

Zaifの会社情報

社名 テックビューロ株式会社 Tech Bureau,Corp

設立 2014年6月16日

資本金 8億3,013万円

所在地 大阪府大阪市西区西本町1-4-1オリックス本町ビル4F

役員 代表取締役:朝山貴生

 
 

○Zaifでは取引手数料がもらえる!?

 

Zaifの一番の特徴は取引をすればするほど得をするということです。何を言っているかわかりませんよね…通常、ビットコインを日本円で購入するとmaker手数料、taker手数料といって毎回コストがかかります。

 

maker手数料は株式やFXの「指値注文」と同じ注文方法となります。注文板に自分の注文する値段を書き込み相手がその値段で約定するのを待ちます。

 

taker手数料は成り行き注文に近いものとなり、板に並んでいる注文を指定することで取引が可能となります。そんな取引手数料ですがZaifではどちらも-0.01%となっています。

 

本来毎回払うべき取引手数料がもらえるというのは嬉しいですよね。

 
 

○他の取引所にはないトークンを売買できる

 

Zaifトークンをご紹介する前にトークンとは何か?と疑問を覚える方もいると思うので「トークンとは何か」について説明いたします。トークンとは物やサービスをこうかんすることができるポイントの様なものです。

 

株式に近いものがあり、会社からしてら資金を集める道具ということなんですね。こちらは新規上場株式(IPO)ではなくICOとなっています。ICOでは新しいサービスの為に資金を集めてそれが成功すればどんどん価値が上昇していきます。

 

宝くじの様に一発狙えるので楽しいというわけです。そんなトークンですがZaifではBitcoin、Ethereum、NEM、BitcoinCash、MONAの売買に加えてトークンであるZaif、XCP、BCY、SJCX、FSCC、PEPECASH、CICC、NCXC、JPYZ、CMSとたくさんの売買が可能です。

 

国内でこれほどトークンを購入できる取引所はZaifしかないので嬉しいですね。

 
 

○コイン積み立てが可能

 

Zaifでは毎月仮想通貨の積み立てが可能です。これはボラティリティが高い仮想通貨市場で有功な戦法であり投資家心理も入りずらいことから優位性がある手法といえます。

 
 

■bitFlyer

 

itFlyerの会社情報

会社名 株式会社bitFlyer

設立 2014年1月9日

事業内容 仮想通貨交換業及びブロックチェーン開発・サービス事業

資本金 41億238万円

代表取締役 加納雄三

本拠地 東京都港区赤坂9-7-1ミッドタウンタワー8F

 
 

○取引所と販売所が完備

 

仮想通貨を購入するには取引所か販売所で購入することになりますがbitFlyerではどちらも用意されていますのでどちらでも購入することが可能です。取引所は個人個人が売買するもので販売所では会社と個人が売買いたします。

 
 

○セキュリティレベルが世界一!?

 

bitFlyerはセキュリティサービスの会社からセキュリティレベルが世界一であるという評価を受けています。自分の大切な資産を守る仮想通貨取引所ですからセキュリティレベルは高い所のほうがよいですよね。

 

○BitFlyerの手数料

  • ビットコイン簡単取引所手数料 0.01%~0.15%
  • ビットコイン販売所手数料 無料
  • アルトコイン販売所手数料 無料

 
 

■まとめ

 

どちらの取引所もメリットがあって良いですね。しかし「初心者」が使用するという点についてはZaifの方が取引手数料が無料である点と積み立てが出来るという点からオススメできる仮想通貨取引所となります。

 

少し取引に慣れてきたのであればbitFlyerも開設して分散取引するのも良いですね。

shutterstock_646539634

使いやすい?使いにくい?ビットフライヤー入金、送金で思う機能...

現在国内、国外含め多くの仮想通貨取引所が存在しています。今回はその中でビットコイン取引量日本一を誇るビットフライヤーに焦...

shutterstock_457429549

IMFが世界の債務負担報告と世界不況と仮想通貨のあり方

IMFからの発言から見る仮想通貨の流れ、IMF(国際通貨基金)から様々な状況と専務理事であるラガルド氏からの発言が話題に...

shutterstock_709205365

上がる?下がる?仮想通貨のLisk(リスク)の将来価格を予想...

ビットフライヤーに上場されて話題になった、仮想通貨のリスクは一時、価格を上げましたが直ぐに下落し、今は落ち着いて、ゆっく...

shutterstock_703658137

ビットコインキャッシュが5月15日に予定としてハードフォーク...

ビットコインキャッシュが5月15日に予定としてハードフォークを行なうとしている。ビットコインキャッシュのハードフォークの...

shutterstock_1007466079

国の情勢によって需要価値が高まる仮想通貨・インフレ・匿名通貨...

国の事情により仮想通貨が購入もしくか利用されるケースは今後増えてくる可能性があります。今週、イランにおいても米国による経...

shutterstock_687427141

リップルとイーサリアムVechainの流れ

リップル(XRP)とイーサ(ETH)、そしてヴェチェーン(VET)がそれぞれにいろんな事が起きました。それぞれに起きた事...

shutterstock_529509961

仮想通貨を個人から法人に移動した場合の税金は?

個人で仮想通貨を行っており、利益が大きくなり節税を行いたい為に法人に仮想通貨を譲渡した場合は法人税とし支払いが必要なので...

shutterstock_650811640

これから上がる?下がる?イーサリアムの将来性について考えてみ...

ビットコインに次ぐ時価総額を誇るイーサリアム。これから注目が集まるであろうイーサリアムの将来性について考えてみました。個...

shutterstock_1103691485

仮想通貨の初心者は資金をいくらから始めれば良いのか?

初心者が仮想通貨を始めるにあたって、最初に資金はいくらから始めたら良いのか?どのくらい必要なのか目安についてを考えてみま...

shutterstock_556122865

損をしないために!仮想通貨にかかる税金を知ろう!

2018年初頭、NEM流出騒動でネガティブな印象になってしまった仮想通貨。しかし逆転の発想で「今が買い時」と売買を始めら...