仮想通貨のレポート:コインレポート > コンテンツ一覧 > XMR, 基本, 将来性, 特徴 > XMR「モネロ」の基本と特徴・将来性

XMR「モネロ」の基本と特徴・将来性

XMR「モネロ」の基本と特徴・将来性

XMR(モネロ)はエスペランド語でコインを意味し、匿名性の高い仮想通貨として注目されています。もともとBytecoin(バイトコイン)を基に開発された仮想通貨で、リング署名やステルスアドレスと言う仕組みを利用し、匿名性を高めています。

 

そのため決済や送金の際には取引履歴や送金した人が誰だか、第三者から判断する事が出来ない事から闇サイトにて悪用されやすい懸念もありました。

 
 
 

■XMRについて詳しくお伝えします。

 
 

■XMRの基本情報

 

XMR(モネロ)の通貨単位はXMRで、開発組織はMonero Projectになっています。

 

コンセンサスアルゴリズムはPoW(Proof of Work)で初期の発行量は1840万枚でビットコインのような半減期はありません。

 
 
 

■XMRの特徴

 

XMR(モネロ)は3つの特徴があると言われています。

 
 

1.高い匿名性です。

 

アルゴリズムはCryptoNightと言う匿名性に特化したアルゴリズムを採用しており、リング署名とステルスアドレスを活用することで取引履歴からアドレスを特定するのにはほぼ不可能となっています。

 

リング署名とは通常送金する時、個人と個人とで署名して送るために履歴がはっきりと残りわかりやすいのですが、リング署名は複数人でまとめて署名するために受信者側からして見れば、だれが送金をしたのかが特定できません。

 

そしてステルスアドレスについては閲覧用と送金用の2種類の秘密鍵を用意しており、2つの鍵からパブリックアドレスを生成します。

 

パブリックアドレスとは他の利用者に共有されているアドレスを指します。

 

ステルスアドレスは1度送金するとすぐに使えなくなることからワンタイムキーとも呼ばれ、送金するたびに別のワンタイムキーが発行されるために、送金元が誰なのかを特定することができません。

 
 

2.ブロックサイズの制限がないと言う点です。

 

ビットコインは1つのブロックサイズが1MBであるために1つのブロックに格納できる取引データは1秒間に7取引となっています。

 

それに比べモネロは取引量が多くなったとしてもブロックサイズを増やすことができるためどんな状況でも対応する事ができ、多額の取引や承認時間を高速化する事も可能です。

 

取引の承認時間は2分となっており、ビットコインの約5倍の速さを実現しています。

 
 

3.マイニングが容易な点で、通常使っているパソコンでも行う事ができます。

 

ビットコインはASICという専用コンピュータによりマイニングをしていきますが、XMRはCrypto Nightに対応しているために、一般のコンピュータでも可能であることから、誰でも容易にマイニングに参加する事ができます。

 

しかし、最近ではこのXMRの容易なマイニング機能を狙い、他人のパソコンを使ってXMRをマイニングさせ送金させるマルウェアが流行っているために容易な面を逆手に取られることもあります。

 
 
 

■XMRの将来性

 

XMR(モネロ)が匿名性の高い仮想通貨であることから、他の匿名性の高い仮想通貨のDashやZcashと同様に人気が出てきています。匿名性が高い分、国の仮想通貨の規制においてはマネーロンダリングやダークネットで使用されるとして注意を促す流れも出てきています。

 

実際に闇サイトのアルファベイにおいては麻薬や銃器の不正商品を取り扱っているサイトにてXMRが使われてた事もあって、匿名性の高い仮想通貨のデメリットが出ています。

 

ちなみにアルファベイは現在閉鎖となっています。闇サイトにてXMRが使われていても購入者が特定できないことからモネロ側としては難しい立場を取ることとなっています。

 

しかしXMRには人気があることからレートを見ると去年に比べ、約7倍の伸びを示します。さらにマイニングが容易であることや上限がない事で人気は衰える雰囲気が出ていないのが現状です。

 

将来XMRは4月30日においてハードフォークを起こして新しい仮想通貨モネロVを誕生させます。イメージとしてビットコインからビットコインキャッシュが誕生したように新しいフォークコインが誕生するタイプのハードフォークとなります。

 

モネロVは発行上限が2億5600万枚と設定されており、それにより価格のインフレを防ぐことになります。モネロVは多くの仮想通貨が直面しているスケーラビリティ問題を解決するためにmimblewimble実装する予定で、mimblewimbleは匿名性を保ちつつ、ブロックチェーンサイズを小さくする役目をします。

 

モネロVは1564965ブロックでモネロの保有量によって付与されるとされており、付与はモネロの10倍付与される事で今後、モネロを購入する人が増えてくる可能性があることから高騰する可能性があります。

 

先日、LitecoinからハードフォークしたLitecoinCashのように取引所がハードフォークをサポートする可能性は低いと思われますが、XMRの人気はサポートするかしないか以上に保有したい人が多いことが予想されるために懸念材料とは見なされない事と思われます。

 

XMRは今後も人気のある仮想通貨として注目されし続けることでしょう。

 
 
 

■XMR「モネロ」の基本と特徴・将来性 まとめ

 

XMR(モネロ)は比較的容易にマイニングができること、仮想通貨ランキングにおいても上位に位置している事から、長期で保有するのにもメリットがあります。

 

ハードフォークをするようになってから、さらに注目がされているために今後も注目することができる仮想通貨とも言えます。

shutterstock_660055192

仮想通貨に人気が上がりつつも詐欺には注意

仮想通貨が今年始めには相場が下がりつつも、4月の米国の確定申告のシーズンが終わったのをきっかけに相場は緩やかながらも上昇...

shutterstock_703658137

ビットコインキャッシュが5月15日に予定としてハードフォーク...

ビットコインキャッシュが5月15日に予定としてハードフォークを行なうとしている。ビットコインキャッシュのハードフォークの...

shutterstock_1133335841

モナコインとザイフとビットフライヤー初心者

2ch発祥の「モナコイン」、日本発の国産仮想通貨ということや2chのコミュニティに支えられて結構有名になってきました。 ...

shutterstock_566476294

仮想通貨の法人税の発生・税率・支払うタイミングは?

法人税の場合は個人と同じで仮想通貨を売った場合にその時点で法人税が発生するのでしょうか?または法人の場合は決算時などに資...

shutterstock_687488425

仮想通貨と法人税の関係

仮想通貨と法人税に関してまとめです。   仮想通貨と税金に関してまとめ   法人化して仮想通...

shutterstock_364326251

LINEの仮想通貨とブロックチェーン・取引所・ビットコイン決...

大手メッセージアプリであるLINEがここ数ヶ月、仮想通貨取引とそれに関わるブロックチェーン関連会社を設立した事もあり、今...

shutterstock_556122865

損をしないために!仮想通貨にかかる税金を知ろう!

2018年初頭、NEM流出騒動でネガティブな印象になってしまった仮想通貨。しかし逆転の発想で「今が買い時」と売買を始めら...

shutterstock_778670602

LINEが仮想通貨の取引所を始めたら取引通貨は28種類の通貨...

日本で身近なアプリとして有名な「LINE」が仮想通貨交換業者になりました。今回はLINEがどの様な仮想通貨取引所サービス...

shutterstock_1027346689

イーサリアムの将来性と今後の予想・・・高騰すると思われる3つ...

イーサリアムがキャスパーのアップデートを行いました。今回のアップデート以外にも将来高騰すると思われるイーサリアムの3つの...

shutterstock_725839555

仮想通貨のパスワードを設定する際に最適な桁数とは?

仮想通貨の運用にはセキュリティーが大事です。その際たる物がパスワードです。自分で設定するパスワードの桁数は何桁が有効なの...