仮想通貨のレポート:コインレポート > コンテンツ一覧 > Bitcoin, bitFlyer, ビットコイン, ビットフライヤー, 初心者 > 初めてでも大丈夫??ビットフライヤーでビットコイン購入は初心者向けか?

初めてでも大丈夫??ビットフライヤーでビットコイン購入は初心者向けか?

初めてでも大丈夫??ビットフライヤーでビットコイン購入は初心者向けか?

2017年は仮想通貨元年と呼ばれ、非常に注目を集めた仮想通貨。2018年に入り、良くも悪くも様々なニュースが飛び交っています。今や仮想通貨という言葉を知らない人は少ないのではないでしょうか?その要因の一つにタレントを起用したテレビCMが影響していると思います。

 

この話題に乗り遅れまいと仮想通貨をこれから始めようと思っているあなた。でも初めてでどうしたらいいか分からないですよね。そこで今回は仮想通貨業界初のテレビCMで認知度も高いビットフライヤーにスポットを当て、使い方や注意点を解説しながら初心者向きなのかどうかを検証していきます。

 
 

■まずはアカウント登録

一番初めに行うことは取引所(仮想通貨を扱う業者)にアカウント登録します。ビットフライヤーはスマホアプリがあるので、インストールするとスマホ一つで全て登録が出来ます。

 

名前、生年月日、住所、連絡先を入力し、その証明書類を画像で送信します。その後、自身の銀行口座情報を入力します。ここで偽情報を申告すると、もちろん承認されませんので正しい情報を申告しましょう。

 

全ての登録が完了すると、数日後ビットフライヤーから登録完了したという転送不要書留郵便が届きますので、これを受け取ります。

 
 

■日本円の入金

アカウント登録が出来たら次に行うのが日本円の入金です。入金方法は、銀行振込かコンビニ等でできる現金支払いになります。ご自身の都合に合わせて選択されるといいと思います。アプリ内の案内に従えば簡単に入金することができます。

 
 

■仮想通貨の購入と売却

いよいよ仮想通貨の購入です。購入したい銘柄を選択し、数量を指定します。操作はこれだけです。あとは自分の売りたいときに売却したい銘柄と数量を指定します。売却操作もこれだけです。

 
 

■ビットフライヤーを使う上での注意点

 

1.手数料が発生する

2.スプレッド差が大きい

3.アプリの金額表示にタイムラグがある

 

1.手数料が発生する

主に日本円の入出金時、仮想通貨売買時に手数料が発生します。この手数料が取引所の利益になるという仕組みです。よってどの取引所でも手数料が発生します。(手数料金額は取引所によって異なります)

 
 

2.スプレッド差が大きい

スプレッドとは、購入金額と売却金額の差を意味しており、手数料の一種です。株や為替取引をしている方にはお馴染みだと思います。スプレッド差が大きければ大きいほどコストがかかることになります。ビットフライヤーは若干ですが他の取引所よりも大きい印象があります。しかし、どの取引所にもスプレッド差は存在するものです。

 

3.アプリの表示金額にタイムラグがある

アプリ内では購入金額、売却金額、利益額などの金額に関する表示されますが、これにはタイムラグがあります。(約10分程度)具体的な要因は不明ですが、おそらく取引量などが多いためタイムラグが生じていると考えています。ただし取引を確定する際の画面ではタイムリーな金額が表示されるため特に問題はないでしょう。

 
 

■結論

ビットフライヤーは初心者向きの取引所だと思います。アカウント登録から取引操作まで案内に従って、スマホ一つで完了するため複雑で膨大な知識は必要ありません。また注意点をいくつか挙げましたが、ビットフライヤーだけに限るものではなく、他の取引所にも存在する注意点です。取引所によって多少違いはあるもののビットフライヤーだけが特にデメリットがあるわけではありません。以上のことからビットフライヤーは初心者向きの取引所であるということが言えます。

 

取引所によってメリット・デメリットはそれぞれあります。ご自身の手法に合わせて取引所を選ばれるのが最善だと思います。

shutterstock_708875656

初心者がイーサリアムの購入に至った2つの理由とは?

空前の仮想通貨ブームでこれから投資を始めようと考えている人もまだ多いと思います。実際に私もそのひとり。仮想通貨取引初心者...

shutterstock_757913839

最近仮想通貨の取引所に問題があり仮想通貨だったのを日本円で返...

言ってますが以下の場合はどうなるのでしょうか?例ですと、当時の価値で500万円分のネム(NEM/XEM)を日本円で返金す...

shutterstock_1133335841

モナコインとザイフとビットフライヤー初心者

2ch発祥の「モナコイン」、日本発の国産仮想通貨ということや2chのコミュニティに支えられて結構有名になってきました。 ...

shutterstock_795095212

日本にて世界初ブロックチェーンスマホ発売

今年10月、世界で初めてブロックチェーンスマホが日本にて発売される事が決まりました。発売によってどのような影響、波及をも...

shutterstock_1120264739

ビットフライヤーで扱っているアルトコインのご紹介

仮想通貨国内取引所の中で最大手のビットフライヤー。これから登録を考えている方もいるのではないでしょうか?今回は実際にどん...

shutterstock_415231777

BINANCECOINとは?基本情報・特徴・将来性

BINANCECOINは中国の大手仮想通貨取引所である、BINANCEが独自に発行している仮想通貨で、BINANCE内に...

shutterstock_659241235

テックビューロが勤怠管理を活用の為ブロックチェーンアプリでテ...

労働管理においてもブロックチェーンや仮想通貨を使う流れが出てきています。具体的にどんな流れが出てきているのか、いくつかの...

shutterstock_364326251

LINEの仮想通貨とブロックチェーン・取引所・ビットコイン決...

大手メッセージアプリであるLINEがここ数ヶ月、仮想通貨取引とそれに関わるブロックチェーン関連会社を設立した事もあり、今...

shutterstock_1019706226

仮想通貨界の異端児ぺぺキャッシュの特徴6選・バーンによる価値...

ぺぺキャッシュは日本の取引所であるzaifで取り扱われている仮想通貨ではありますが、他の仮想通貨に比べるとかなりマイナー...

shutterstock_1027241692

仮想通貨は盗まれる!?4つの盗られない対策

記憶に新しいのはコインチェックのネム流出事件です。この事件では明らかな取引所の不手際が問題でした。どんなセキュリティーで...