仮想通貨のレポート:コインレポート > コンテンツ一覧 > モナコイン, 実力, 特徴 > 実は本格的!?モナコインの実力とその特徴と今後の予想5選

実は本格的!?モナコインの実力とその特徴と今後の予想5選

実は本格的!?モナコインの実力とその特徴と今後の予想5選

モナコインは日本発祥の仮想通貨で、2014年から市場に出回りました。最初の開発者は「Mr.watanabe」と呼ばれていますが、ビットコインの発案者と同様に詳しいことは分かっていません。

 

世界中に仮想通貨は約2000種類ほどありますが、日本発祥で知名度があるのはモナコインだけです。あのホリエモンも所有していると言われるモナコインの特徴を今回は紹介します。

 
 
 

■1.ふざけてるけど、性能は抜群

 

モナコインは5ch(元2ch)のアスキーアートである「モナー」をイメージして作られました。そのせいもあってネタコインとして見られがちですが、ライトコインをもとに開発されており基本性能はビットコイン以上になります。例えば送金スピードはビットコインが数時間ほどかかるのに対して、約10分ほどで送金できます。

 

また他のメジャーな仮想通貨に先駆けてsegwitを世界で初めて搭載しました。segwitとはスケーラビリティ問題を解決するシステムで、送金スピードだけでなく、手数料も安くなる効果もあります。

 
 
 

■2.アトミックスワップが行える

 

モナコインは他の仮想通貨がまだ採用に踏み切れていないアトミックスワップを実装しています。アトミックスワップとは取引所を経由しなくても、異なる仮想通貨間で取引が行えるシステムです。

 

これを使うことにより、従来の様に取引所で支払っていた手数料を支払わなくても取引が可能になります。このアトミックスワップの導入は日本人が行ったらしく、技術大国日本の意地が垣間見れますね。モナコインは今のところビットコインとの交換ができるようになっているそうです。

 
 
 

■3.実際の店舗やネットで使うことができる

 

もちろんビットコインが国内では一番使える場所が多いですが、モナコインは2番目に多い仮想通貨と言えます。特に秋葉原に利用できる店舗が集中しており、メイド喫茶の「プリモプリマ」やパソコンショップの「ark」で利用できます。その他にもバーや飲食店などでも使えるなど実用的な仮想通貨だと言えるでしょう。

 

またネットでも使える場所が複数あります。monnapyというサイトでは食べ物などの購入にモナコインが使えたり、ゲーム実況に対して投げ銭ができます。Ask Monaというサイトは掲示板のようになっており、情報交換やモナコインの投げ銭ができるようになっています。

 

テレビで話題のコミケ(コミックマーケット)においてもモナコイン決済ができる場所があるなど、オタク文化ときっても切り離せない仮想通貨だと言えるでしょう。

 
 
 

■4.熱狂的なファンが多い

 

モナコインは通貨としての役割だけでなく、ファンが多くコミュニティーがしっかりとしている仮想通貨になります。モナコインのファンは「モナコイナー」ともよばれ、自前の資金約100万円で秋葉原のスクリーンにモナコインの紹介映像を流した人もいるほどです。

 

さらに病気の猫の為にモナコインを使って寄付を募ったところ、約250モナ(約30万円)もあつまったこともありコミュニティーでの助け合いも行われています。

 
 
 

■5.tipmona

 

他の仮想通貨と違っている点として、Twitter上で利用できるtipmonaという機能があります。

 

これは他の人に対して「投げ銭」という形でモナコインをあげるシステムで、5963(ごくろーさん)や39(サンキュー)などの語呂を使い投げ銭されています。このtipmonaはtwitterのリプライ機能を使えばウォレットを持っていない相手にも送ることが出来ます。勿論日本円などに換金する場合はウォレットが必要なので気を付けてください。

 
 
 

■まとめ

 

これでモナコインの特徴についての紹介は終わりになりますが、実力もしっかりとある通貨というのが理解できたと思います。またモナコインはデザインも可愛いので愛着が湧きやすく、それだけで購入した人もいる程です。さらにオリンピックが近づいてくるにつれ日本が話題になれば、投資的にも価値が出そうな仮想通貨になることでしょう。

shutterstock_659241235

テックビューロが勤怠管理を活用の為ブロックチェーンアプリでテ...

労働管理においてもブロックチェーンや仮想通貨を使う流れが出てきています。具体的にどんな流れが出てきているのか、いくつかの...

shutterstock_793304539

仮想通貨仮想通貨Dent(デント)の特徴・将来性・取引所・と...

スマートフォンの普及に伴い、いつでもニュースやSNSをみたり友人と連絡をとったりすることができ、日常生活において非常に便...

shutterstock_709376374

OmiseGO「オミセゴー」基本と特徴

Omiseは2013年6月に日本人企業家であり、現CEOにである長谷川潤氏らによってタイで創立され、決済サービスなどを取...

shutterstock_520325893

法人が仮想通貨で利益(含み益)での税金の節税方法・厳選38選

法人が仮想通貨で利益を上げた場合に出来る節税方法 随時更新を致します。仮想通貨に限らずに法人税を節税出来る38選となりま...

shutterstock_461973784

中銀デジタル通貨(CDBC)についての周りの反応

中国の中央銀行が発行するデジタル通貨CBDCについて、16日開催された「IMF・金融庁・日本銀行共催FinTechコンフ...

shutterstock_790230751

家計簿アプリのマネーフォワードが仮想通貨取引所を開始・確定申...

家計簿アプリなどを手掛けるマネーフォワードが年内に仮想通貨取引所を開始する計画を明らかにしました。マネーフォワードの今後...

shutterstock_1082967569

CENNZ「セントラリティ」特徴と基本

CENNZ(セントラリティ)は今後新しい概念のプラットフォームとして注目されており、その期待感からなのか1月15日のIC...

shutterstock_1202686828

初心者が初めて仮想通貨の取引所を選ぶポイントとは

タイトル:これから始める初心者の方必見!おすすめの仮想通貨の取引所を紹介!いろんな取引所があって初心者にとっては、どこの...

shutterstock_795095212

日本にて世界初ブロックチェーンスマホ発売

今年10月、世界で初めてブロックチェーンスマホが日本にて発売される事が決まりました。発売によってどのような影響、波及をも...

shutterstock_390507526

中国開催のGlobal Fintech & Blockcha...

4月12日に中国・上海で開催されたブローチェーン・カンファレンス「Global Fintech & Blockchain...