仮想通貨のレポート:コインレポート > コンテンツ一覧 > インド, ブロックチェーン, プラットフォーム, 参加要請 > インドのICICI銀行が250社にブロックチェーンプラットフォームへの参加要請

インドのICICI銀行が250社にブロックチェーンプラットフォームへの参加要請

インドのICICI銀行が250社にブロックチェーンプラットフォームへの参加要請

インドの大手銀行である、ICICI銀行が17日に企業250社に対して、国内外での貿易金融取引においてブロックチェーンプラットフォームを使用してもらうように委託しました。

 

ICICI銀行はブロックチェーンでのビジネスチャンスを探るために16年に調査を開始し、同年6月には最高技術デジタル責任者CTDOの役職を設置、さらに同年8月にはインド国内でブロックチェーンを使った国際貿易金融との送金試験事業を開始していることから、積極的にブロックチェーン導入に向けて進めています。

 

同行のチャンダ・コックハーMD兼CEOは、ブロックチェーン技術の統合によって、関係者が共通のプラットフォームをもたらすことで、貿易の文書管理を簡素化できる可能性があると示唆しています。

 

文書管理と言えば、企業毎に管理方法や記載内容が違うためにコストや労力がかかってしまうデメリットがありましたが、貿易に必要な記述は統一している事から最低限の記述内容をブロックチェーンで統一化する事により、業務のスリム化が可能と言えます。

 

今回の参加が現実になり、メリットが認識されるようであれば、今後他の企業も参加したいと名乗り出ることも考えられます。

 

リリースによれば、ICICI銀行の開発したブロックチェーンアプリケーションは、国内外の全ての取引参加者がリアルタイムでのデータを閲覧と追跡ができるようになるために、書類上での不備を無くし、双方がその場で確認できることから効率的に貿易金融取引が可能となります。

 

他の金融機関ではスペインでのサンタンデール銀行が、ブロックチェーンをベースにした決済ネットワークの立ち上げを正式に発表し、このシステムによって国際取引のコストや待ち時間が削減されるとして期待されてます。

 

3月にはイングランド銀行が、即時グロス決済であるTRGSサービスをブロックチェーン技術と相互機能し合うかを試験、さらに概念実証に着手する事から、ICICI銀行もブロックチェーンプラットフォームにて後を追随する形としています。

 
 
 

■証券コンソーシアムが六本木にて開催

 

世界でブロックチェーン技術の導入が活性されている中、日本においてはどうかと言えば、19日、六本木にて第1回目の証券コンソーシアム全体会合が開催され、楽天証券やSBI証券などの証券会社を中心に行われた。

 

業界を横断する証券事務の検討や、ブロックチェーンを活用した本人確認の実験結果を確認したとし、年内でも新サービスの提供を目指すとしています。

 

同コンソーシアムではブロックチェーンに注目し、生体認証やAI(人口知能)などの先端技術を活用した新たな金融インフラの構築を目指しており、参加各社の業務の効率、コストの削減、証券サービスの利便性向上を目的としています。

 

会合では3つのグループでの検討内容や実証実験の確認をしたとして、本人確認と本人認証のワーキンググループ、共通事務のワーキンググループ、分散台帳技術であるDLT先端実験のワーキンググループに分かれ上昇結果を見ました。

 

楽天証券によれば、IDとパスワードを使って行う本人認証が30年間変わってなく、現状においてもログイン管理や手間を利用者に依存している事で、手続きが複雑、証券会社各社のプロセスの異なること、複数の口座開設が当たり前の現状で、顧客離れや時間のロスが課題となっていました。

 

これらの問題が解決するためにブロックチェーン技術を使用して、金融機関16社が本人確認のプロセス、コスト削減、共通化などの実証実験を行いました。

 

実証結果の段階で、参加した顧客の64%が本人確認での共通化に評価を士、証券会社の93%が口座開設までの時間が削減できたとして高評価をしました。

 

まだ検証し続ける必要がありますが、年内に新サービスを開始する目標を掲げている事から、今後口座開設でのあり方が大きく変わることも考えられます。

 

私たち顧客側としても口座開設に時間のロスを感じている面があることから共通化に向けて、シンプルな手続きになるよう期待所と言えます。

 
 
 

■インドのICICI銀行がプラットフォーム参加要請 まとめ

 

インドでのICICI銀行の働きかけや他の金融機関によるブロックチェーンの導入後の実績、日本における証券コンソーシアムによるブロックチェーン技術の導入に今後今までとはや違うやり方を顧客である私たちも学んでいく必要があると言えます。

 

コストの削減、セキュリティの強化にブロックチェーンが関わっている事で、さらに導入していく金融機関が増えて行く事も考えられます。

 

進化をし続けることで、1枚のカードや1台のスマホで様々なサービスを受ける時代もそう遠くはないかもしれません。

 

まだ実証段階の企業がほとんどですが、ある程度研究により利便性を突き詰めたことで機能を絞りだし、実装することで共通的な機能を保有する事にもなるために、金融機関の動向に今後も注目していく必要もあります。

shutterstock_1042345735

仮想通貨VeChain(ヴェチェーン)の特徴・将来性・取引所...

中国や東南アジアなどでは、偽ブランド品が出回っていて、その被害が後を絶ちません。その原因として、なかなか外見からは本物か...

shutterstock_495741694

金融機関と関連企業でのブロックチェーン技術の普及が加速

最近、仮想通貨市場が堅調に伸びを示している状況以外にブロックチェーン技術を採用する流れが特に金融機関から聞きます。金融機...

shutterstock_382948057

仮想通貨の税金計算を代行で税理士さんにお願いしたら

いくらくらいかかりますか?問い合わせだけでもお金かかりますか?問い合わせだけでもお金かかりますか?仮想通貨の損益を税理士...

shutterstock_580945588

三菱UFJ独自通貨MUFGコインが無人レジ店舗で実証実験開始

三菱UFJ銀行グループを傘下に置く三菱UFJフィナンシャルグループが開発を進めているデジタル通貨「MUFGコイン」の実証...

shutterstock_456119011

スマホのウォレットで仮想通貨を管理する時の5つの注意点

仮想通貨をスマホで管理する際の注意すべき事を5つ、ご紹介します。一つ一つに対して気を付ける事で大きな損失や損害を防ぐ事が...

shutterstock_719631127

インド中央銀行の仮想通貨禁止令に17000人以上が請願署名

インドの中央銀行にあたるRBIが金融機関に対し、5日、仮想通貨に関連する個人や法人との取引を停止するよう求める決定をした...

shutterstock_1019706226

仮想通貨界の異端児ぺぺキャッシュの特徴6選・バーンによる価値...

ぺぺキャッシュは日本の取引所であるzaifで取り扱われている仮想通貨ではありますが、他の仮想通貨に比べるとかなりマイナー...

shutterstock_636632101

自動車業界にも本格的にブロックチェーン導入・研究・技術実験・...

自動車業界に対しブロックチェーンの導入が話題になっており、今まで個別の自動車メーカーが導入を決めたことや研究がなされる事...

shutterstock_770928172

上げる?下げる?変化に乏しいイーサリアム巻き返しなるか

イーサリアムは主要な仮想通貨の1つで、ICOのプラットフォームとして名を馳せました。しかし、スマートコントラクトやICO...

shutterstock_692205286

ビットフライヤーを初めて使う初心者の方へ3つの注意点

2018年も話題の尽きない仮想通貨。昨年から乱高下を繰り返しながら世間を騒がせてきました。そろそろ自分も始めてみようと思...