仮想通貨のレポート:コインレポート > コンテンツ一覧 > ICO, メディア, 取引所制御, 映像版権取引 > ICOに健全化をもたらすサービス・取引所制御・映像版権取引・メディア系

ICOに健全化をもたらすサービス・取引所制御・映像版権取引・メディア系

ICOに健全化をもたらすサービス・取引所制御・映像版権取引・メディア系

ICOを巡っては様々な情報が飛び交い、どのICOに参加すればいいのか投資家にとっては迷う事があります。さらにICOでも資金調達後に、活動を無くすのもあるため、参加後にレートが急激に下がることもしばしばあります。

 

そんな中、Quoineが新たなサービスを展開する事で話題に上りました。Quoineが始めた新たなサービスについて詳しくお伝えします。

 
 
 

■Quoineが取引所制御ができるICOプラットフォームを立ち上げ

 

仮想通貨取引所のQuoineやQryptosを運営するQuoineが4日に、ICOホスティングサービスのβ版をローンチしました。

 

新たなサービスの名称はICO Mission Control(ICO管制センター)と呼ばれ、Quoine傘下の仮想通貨間取引所Qryptos内に設置されます。

 

今回のサービスを通して、取引所がICOを取り仕切るためにイニシャル・エクスチェンジ・オファリング(IEO)のサービスの時代が到来する動きとして注目が集まっています。

 

今回のICOプラットフォームを立ち上げる事で、期待できることは、ICOを立ち上げた後に行方をふくらますような詐欺的が事が行われないよう、Quoine側が事前に審査をする事で了承を得られれば、上場、その後管理するため、投資家からは安心してICOに参加できます。

 

似たような取引所が取り扱うICOに関しては国内仮想通貨取引所である、ザイフがザイフトークンやCOMSAトークンを上場したケースとして似たようなケースであると言えます。

 

しかし、こちらのQuoine側は積極的に今後IEOを取りいれることで、今後様々なトークンが出回る可能性があるために、仮想通貨の流通量は安定的に増えてくることも考えられます。

 

上場したIEOはまずQryptos内に設置される事から、取引所内で活発に取引が行われる可能性と、グループ内での取引所Quoinexがレンディングサービスを既に実施している事も、IEO後の資金調達の手段として用いられる可能性もあるため、IEO側としてはさらに便利且つ知名度を上げるには有利になるとも考えられます。

 

取引所で認められたICO側は今後、安定した資金調達と研究に集中する事ができます。

 
 
 

■映像版権取引に特化したVuulr

 

同プラットフォームにて第一号となるICOは映像版権取引に特化したVuulr(ヴューラー)となりました。

 

5月9日~30日にVUUトークンのクラウドセールが行なわれるとして、その後はQryptosに上場する運びとなっており、VUUプロジェクトCEOである、イアン・マキー氏によれば、Quoineのプラットフォームに安心感を持っている理由として、本人確認が済んだ50万人の登録ユーザーが実在している事から、今後仮想通貨の投資家がすぐにVUUトークンを購入するようになるとしており、プロジェクト側としても継続してQuoine側に任せることができます。

 

Quoineは国内においてもサービスを展開していますが、今回のサービスはQryptosであってシンガポール法人であるために非日本居住者を対象として運営するために、日本人が参加するのはできない状況となっています。

 

しかし今後Quoineが開発をすすめているLIQUIDプラットフォームと統合したいと考えている事から、マルチに法定通貨や仮想通貨の取引がしやすくなることは確実と言えることから、日本においても巨大なマーケットであるために、参加できると言う期待が持てます。

 
 
 

■メディア系の大型ブロックチェーンプロジェクトVuulrとは?

 

Vuulr(ヴューラー)とは映像コンテンツの版権取引の元締めとなるマーケットを立ち上げようとするプロジェクトであり、元ディズニー幹部や広告大手オグルビーシンガポールの会長も顧問として参画しているなどして、業界内では話題となっています。

 

世界の映像コンテンツ市場は約26兆円となっており、現状、コンテンツ調達には4~5ヶ月かかるなど課題が多くなっています。

その長い期間を要する原因として版権を得るために展示会に参加したり仲介業者を使うことで、コストも掛かるデメリットがありました。

 

現時点では映像流通の企画も様々であることから、映像コンテンツのメタデータである所有権等を管理し、統一するのがない現状であるために、Vuulrの存在はデメリット部分を解消するとして注目されています。

 

Vuulrは映像コンテンツの流通革命を起こすとしており、ブロックチェーンやスマートコントラクトでデジタル映像のコンテンツの流通を規格化して、世界一の映像版権のマーケットプレイス(市場)を創っていこうとしています。

 

今後規格が多いところではVuulrの例にならい、革命がされていくことも考えられます。

 
 
 

■ICOに健全化をもたらすサービス まとめ

 

QuoineのIEOプラットフォーム、Vuulrが持っている潜在的効果が今回の上場の第一号となる結果となりましたが、今後様々な統一規格をもたらすICOがQuoineを利用する可能性があります。

 

日本ではまだサービスが展開されていないですが、その分海外において実証されていけば、国内の取引所も取り扱っていく可能性があります。

 

ICOに投資家が信頼して参加ができる今回の取り組みは仮想通貨全体にとってもプラスと言えます。

shutterstock_1103691485

仮想通貨の初心者は資金をいくらから始めれば良いのか?

初心者が仮想通貨を始めるにあたって、最初に資金はいくらから始めたら良いのか?どのくらい必要なのか目安についてを考えてみま...

shutterstock_1045849612

初心者が仮想通貨を初めて買うならいくらくらいが理想的?

2017年から怒濤のように話題をさらった仮想通貨。これから始めてみようと思っている人も多いのではないでしょうか?でも初め...

shutterstock_646539634

使いやすい?使いにくい?ビットフライヤー入金、送金で思う機能...

現在国内、国外含め多くの仮想通貨取引所が存在しています。今回はその中でビットコイン取引量日本一を誇るビットフライヤーに焦...

shutterstock_1006053223

仮想通貨で儲かった!!税金を払わなくていいように節税方法を考...

毎年行われている確定申告。2018年の確定申告で注目を集めたのが「仮想通貨の利益」に関する申告。今回は仮想通貨に関する確...

shutterstock_789745276

仮想通貨交換業が金融庁にしている登録業者16社によって新しい...

現時点、金融庁にしている登録業者16社によって新しい組織が発足されました。この事から今後期待されることなど詳しくお伝えし...

shutterstock_687427141

リップルとイーサリアムVechainの流れ

リップル(XRP)とイーサ(ETH)、そしてヴェチェーン(VET)がそれぞれにいろんな事が起きました。それぞれに起きた事...

shutterstock_1027851961

仮想通貨の確定申告をエクセルなどで自動計算し利用したいと思い...

どのような計算をすれば良いでしょうか?サラリーマン、自営業、個人事業主、法人などの違いも教えてほしいです。簡単に出来るの...

shutterstock_521237602

仮想通貨ですが確定申告時にウォレットに移動している通貨は対象...

現在は仮想通貨購入後にウォレットに入れておりますが日本円やドルなどのお金には交換した事はございません。ただし持っている通...

shutterstock_317403485

中東地域においてブロックチェーン技術が加速・ブートキャンプ・...

仮想通貨やブロックチェーン技術について、規制やコメントが発表している中で、中東地域では加速する流れが出てきています。中東...

shutterstock_675594247

初めての方は登録前に要チェック!ビットフライヤーを使ってみて...

2017年から乱高下を繰り返し、様々なニュースが流れるようになった仮想通貨。私自身も国内での仮想通貨取引量No.1のビッ...