仮想通貨のレポート:コインレポート > コンテンツ一覧 > Steem, 取引所, 将来性, 特徴 > 仮想通貨Steem(スチーム)の特徴・将来性・取引所・とは

仮想通貨Steem(スチーム)の特徴・将来性・取引所・とは

仮想通貨Steem(スチーム)の特徴・将来性・取引所・とは

ソーシャルメディアは、ユーザーがコンテンツを作成して投稿したり、それを閲覧したりして楽しむプラットフォームですが、サイト運営者がこのプラットフォームへの貢献度に応じて報酬を配分する仕組みを導入した仮想通貨があります。

 
 
 

■Steemとは

 

Steem(スチーム)は、コンテンツを投稿したり閲覧したりして価値を構築するユーザーへ正しく報酬を配分する新しいソーシャルメディアの形を提供するプラットフォームです。

 

認証方式にPoB(Proof of Brain)を採用し、投稿者や閲覧者、サイト運営者へ正しく報酬を配分することを実現します。

 
 

仮想通貨名:Steem(スチーム)

略称:STEEM

認証方式:PoB(Proof of Brain)

アルゴリズム:Equihash

公開日:2016年4月

 
 
 

■Steemの特徴

 

・サイト運営者やコンテンツ作成者が自律的に収益をあげることができるプラットフォームを提供する

 

Steem(スチーム)は、価値を構築するサイト運営者やコンテンツ作成者が自律的に報酬を得ることができるようにするプロジェクトです。

 

従来の一般的なソーシャルメディアは、FacebookやGoogleなどの運営者がユーザーがコンテンツを提供する場所(プラットフォーム)を提供し、そのプラットフォームにおける広告収入でビジネスを維持していました。

 

しかし、本来コンテンツを提供することにより価値を構築し、サイトの運営に貢献しているユーザーにはなんの報酬も与えられないのは不公平ではないかという問題から、Steem(スチーム)プロジェクトが始まりました。

 

Steem(スチーム)プロジェクトは、より透明性のあるコミュニティの維持やより良いコミュニティの成長という方向性を目指します。

 
 

・Steem(スチーム)で報酬を得る方法

 

報酬を得る基本的な方法として、「サイトへ貢献すること」を主軸にして報酬を配分する仕組みとなっています。

 

一つ目は、コンテンツを作成してサイトに投稿する方法です。コンテンツを投稿すると、それを閲覧したユーザーが、UpvoteやLikeベースでSteem Power(SP)という仮想通貨を投票します。この投票数に応じて報酬が配分されます。

 

二つ目が、他のユーザーが作成したコンテンツを閲覧したユーザーが投票する方法です。投票量や閲覧者のSteem Power(SP)の保有量に応じて、報酬が配分されます。

 
 

・Steem(スチーム)における仮想通貨の役割分類

 

Steem(スチーム)における仮想通貨は3種類あります。これらはそれぞれに特徴と役割があり、短期的な投機目的の投資家を排除し、持続的なコミュニティに成長を目指す意図があります。

 

一つ目のSteem(スチーム)は、Steemにおける基軸通貨で実際に取引所で売買されます。年間100%ずつ追加発行され、一日あたり0.19%価値が減少するインフレ通貨であるために、Steem PowerやSteem Dollarへ変換させる誘因を生みます。

 

二つ目のSteem Power(SP)は、Steemit内の報酬に関係する通貨で、投稿の際の報酬はSteem Power(SP)とSteem Dollar(SMD)が半分ずつ配分されたり、投票の際にはこのSteem Power(SP)の保有量に応じて、投稿者への報酬が決まったり投票の際の報酬が決まったりするなど、重要な役割を担う通貨です。

 

三つ目のSteem Dollar(SMD)は、価格が常に1SMD=1USDにペッグされている通貨で、報酬の際の半額分がこの通貨で支払われます。Steem Power(SP)もSteem Dollar(SMD)も、保有すると利子が貰える仕組みですが、SPはSteemへの両替に制限があるので注意が必要です。

 
 
 

■Steemの将来性

ユーザーは、ソーシャルメディアを通常通り楽しんでいるだけで報酬を貰えるので、魅力的なプロジェクトといえます。

 

一方で、投票の比重がSteem Power(SP)の保有量に依存するので、買占めや独占による投票操作や大口投資家による投票報酬の独占などの問題が考えれられます。

 

アルゴリズムでいうPoWと同じようなことです。コミュニティのより良い機能と成長のためにPoSに近い報酬配分システムへの改善が必要かもしれません。

 
 
 

■Steemを購入できる取引所

 

・Bittrex(ビトレックス)

 

アメリカの大手取引所のひとつで、200種類程の仮想通貨を取り扱います。Poloniexと比較すると、イーサリアム建てで購入できる仮想通貨が多いのが特徴です。手数料は0.25%と他の海外取引所と比べて少し高めです。

 
 

・Binance(バイナンス)

 

Binance(バイナンス)は2017年7月に開設された中国の仮想通貨取引所です。Google翻訳機能を利用した日本語対応も可能です。2017年12月には仮想通貨取引量も世界最大となり、取扱通貨も100種類以上と急成長してる仮想通貨取引所です。また、取引手数料も0.1%と安く、取引所独自のトークンであるBNBを使えば0.05%と破格の安さで売買を行うことができます

 
 

・HitBTC(ヒットビーティーシー)

 

イギリスの取引所で、手数料が0.1%と安いのが特徴。メールアドレスとパスワードのみで登録できるので、本人確認なしで仮想通貨の入出金が無制限でできます。新規上場の仮想通貨を多く取り扱うことで定評があります。

 
 
 

■仮想通貨Steem(スチーム)の特徴 まとめ

 

仮想通貨Steemは、ソーシャルメディアプラットフォームで、価値を構築する投稿者や閲覧者へ報酬を配分する仕組みを提供するプロジェクトです。サイト運営者はユーザーの価値構築の結果成り立つ広告収入の一部を還元し、より良いコミュニティの成長を目指します。

shutterstock_409901803

クラーケン日本撤退の理由みなし業者の申請取り下げ7社目

2014年から日本でサービス提供を行っていた米取引所クラーケン(Kraken)が今年6月末で日本から撤退をすることが正式...

shutterstock_416146132

お友達紹介は儲かる?ビットフライヤーでアフィリエイトをしてみ...

ビットフライヤーをアフィリエイトしてみて思う事をいくつかご紹介します。もしアフィリエイトをされる予定でしたら、一つの参考...

shutterstock_623577287

仮想通貨の確定申告をしようかと思いますが赤字(損)をしていま...

仮想通貨の赤字は次年度などには持ち越しなどは一切出来ないのでしょうか?繰越などが出来る場合はどのような手続きや内容を申告...

shutterstock_566476294

仮想通貨の法人税の発生・税率・支払うタイミングは?

法人税の場合は個人と同じで仮想通貨を売った場合にその時点で法人税が発生するのでしょうか?または法人の場合は決算時などに資...

shutterstock_1027241692

仮想通貨は盗まれる!?4つの盗られない対策

記憶に新しいのはコインチェックのネム流出事件です。この事件では明らかな取引所の不手際が問題でした。どんなセキュリティーで...

shutterstock_726672175

初心者は仮想通貨の簡単な仕組みについて理解しよう

2009年にビットコインが誕生し、もうすぐ10年が経とうとしています。仮想通貨と言う言葉は知っているけど、どのような物な...

shutterstock_725839555

仮想通貨のパスワードを設定する際に最適な桁数とは?

仮想通貨の運用にはセキュリティーが大事です。その際たる物がパスワードです。自分で設定するパスワードの桁数は何桁が有効なの...

shutterstock_703658137

ビットコインキャッシュが5月15日に予定としてハードフォーク...

ビットコインキャッシュが5月15日に予定としてハードフォークを行なうとしている。ビットコインキャッシュのハードフォークの...

shutterstock_776442577

リップルの凄いところ・送金スピードが早い・コストが安い・出資...

時価総額3位の仮想通貨がリップルです。一時的には2位に入ったこともある人気通貨で、もしかしたらビットコインに取って代わる...

shutterstock_675594247

初めての方は登録前に要チェック!ビットフライヤーを使ってみて...

2017年から乱高下を繰り返し、様々なニュースが流れるようになった仮想通貨。私自身も国内での仮想通貨取引量No.1のビッ...