イーサリアムの凄いところ4選

イーサリアムの凄いところ4選

イーサリアムは時価総額2位の仮想通貨です。イーサリアムは当時19歳のロシア人に作られた仮想通貨であり、2014年に市場で販売されビットコインに次ぐ仮想通貨に上り詰めました。

 

皆さん人気があるのは知ってると思いますが、イーサリアムがどのように凄いのかについては知らないのではないでしょうか。今回はその凄いところを紹介したいと思います。説明に入る前に1つだけ少し細かい説明をします。

 

イーサリアムはプラットフォームの名前であり、通貨の名前はイーサ「Ether」と言います。一般的にはイーサリアムという名前で呼ばれますので、今回もイーサリアムと呼ばせていただきます。

 
 
 

■1.スマートコントラクト

 

スマートコントラクトの機能があることが、イーサリアムの人気を作ったと言っても過言ではないでしょう。スマートコントラクトというのは簡単に説明すると、契約した内容を仮想通貨に記憶できる機能のことです。

 

この機能を使えば、取引内容や決済相手、決済時間が絶対に消えない記録として残すことができます。イーサリアムではブロックチェーン場でこの取引内容を公開、確認することが可能です。

 

つまり、裁判所や銀行のような中間業者に正当性を承認してもらっていた作業を省くことができるのです。その結果、時間や費用が大幅に削減できます。忘れてはならないのがこのスマートコントラクトの機能がメインの機能ではありますが、イーサリアムにも送金機能はしっかりとある点です。

 
 
 

■2.ICOに使われる

 

イーサリアムは数ある仮想通貨の中でも、ICOを行う場所として選ばれる傾向があります。ICOというのは新しいサービスを作りたい人、起業したい人が資金を調達する目的で行うものです。具体的にはトークンと呼ばれる仮想通貨を投資家に買ってもらい、資金を集めます。

 

ではなぜイーサリアムが選ばれるのかというと、2つの理由が考えられます。

 

1つ目にERC20を取り入れてるからです。ERC20とはトークンの統一規格のことであり、これを取り入れることによりICOの実行が容易になります。ERC20がなかった場合、ICOを行う方も投資をする方も独自のウォレットを作成する必要があり面倒な作業が増えてしまうのです。

 

2つ目に先ほど説明したスマートコントラクトを取り入れているからです。以上のことからイーサリアムは、現在ICOを行うプラットフォームとしては最も人気が高くてなっているのです。

 
 
 

■3.PoSへの移行

 

現在イーサリアムではPoWというビットコインと同じ承認システムを使用しています。しかし、これから予定されているアップデートが完成すると、PoSという承認システムに移行することが予定されています。

 

PoSとは通貨の保有量に応じて承認率が変わるというものです。これになれば、今までのような大量の電力を使用しなくてもいいというメリットがあります。その結果として投資家がイーサリアムを多く保有することにメリットを感じ、更に価値が上がるとが予想されます。

 
 
 

■4.エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス

 

エンタープライズ・イーサリアム・アライアンスとはイーサリアムをビジネスで使っていこうと思っている企業をサポートする組織です。このメンバーが本当に凄いです。

 

マイクロソフト、JPモルガンなどの世界的に有名な企業にとどまらず、日本からもトヨタ、三菱UFJもメンバーに入っています。この登録されている企業の名前だけでもイーサリアムへの期待の表れが理解できると思います。

 
 
 

■イーサリアムの凄い所4選  まとめ

 

以上でイーサリアムの凄さの紹介を終わりますがいかがだったでしょうか。実はイーサリアムはアップデートが複数回残っておりこれからも進化していくことが分かっています。今回の事だけに留まらずドンドン凄い機能が増えていきますので、イーサリアムのニュースは是非調べるようにしてみてください。

shutterstock_781441894

ザイフトークンの特徴と将来性・テックビューロ

国内仮想通貨取引所であるザイフ(Zaif)が取り扱っている仮想通貨の中でザイフトークンと言うのを聞きます。ザイフトークン...

shutterstock_1007466079

国の情勢によって需要価値が高まる仮想通貨・インフレ・匿名通貨...

国の事情により仮想通貨が購入もしくか利用されるケースは今後増えてくる可能性があります。今週、イランにおいても米国による経...

shutterstock_1024356955

透明性がある仮想通貨Stellar「ステラ」「XLM」とは

ステラはリップルの初期開発メンバーで、マウントゴックスの創設者であるジェド・マケーレブ氏が中心となって開発され、コンピュ...

shutterstock_660055192

仮想通貨に人気が上がりつつも詐欺には注意

仮想通貨が今年始めには相場が下がりつつも、4月の米国の確定申告のシーズンが終わったのをきっかけに相場は緩やかながらも上昇...

shutterstock_757913839

最近仮想通貨の取引所に問題があり仮想通貨だったのを日本円で返...

言ってますが以下の場合はどうなるのでしょうか?例ですと、当時の価値で500万円分のネム(NEM/XEM)を日本円で返金す...

shutterstock_523699732

仮想通貨を確定申告しようと思いますが海外取引所の場合はどのよ...

書類や手続きが必要になるのでしょうか?不要なのでしょうか?海外の取引所で仮想通貨を購入しております。現在は保有しておりま...

shutterstock_1202686828

初心者が初めて仮想通貨の取引所を選ぶポイントとは

タイトル:これから始める初心者の方必見!おすすめの仮想通貨の取引所を紹介!いろんな取引所があって初心者にとっては、どこの...

shutterstock_569977825

初心者でも大丈夫!?オススメの仮想通貨海外取引所は?

2017年、仮想通貨元年と呼ばれ、多くの方が仮想通貨の存在を知るとともに、多くのニュースが飛び交いました。そんな中、仮想...

shutterstock_646539634

使いやすい?使いにくい?ビットフライヤー入金、送金で思う機能...

現在国内、国外含め多くの仮想通貨取引所が存在しています。今回はその中でビットコイン取引量日本一を誇るビットフライヤーに焦...

shutterstock_756701446

仮想通貨の確定申告時に取引所などの振込手数料は申告から引いて...

仮想通貨で経費と認められるのはどのような物や内容なのでしょうか?例えば保険などに入っている場合や取引に利用するPC、スマ...