仮想通貨のレポート:コインレポート > コンテンツ一覧 > IOTA, 取引所, 将来性, 特徴 > 仮想通貨IOTA(アイオータ)の特徴・将来性・取引所・とは

仮想通貨IOTA(アイオータ)の特徴・将来性・取引所・とは

仮想通貨IOTA(アイオータ)の特徴・将来性・取引所・とは

現在インターネット技術は急速に発展していて、モノと接続し、クラウドで情報を蓄積・管理するIotによる日常生活の効率化に期待が集まっています。Iotの代表的な活用事例として、ハウス栽培における農薬や肥料管理、サプライチェーンの効率化、自動運転技術などがあります。

 

一方で、Iotデバイスの決済にはマイクロペイメント(少額決済)の技術が活用されるが、ビットコインやイーサリアムなどでは設計的に相性が合いません。また、少額決済ということもあり、トランザクション処理が通常より多くなり、スケーラビリティが生じやすいという問題も懸念されます。こういったIotデバイスを活用した少額決済を仮想通貨で実現使用とするプロジェクトがあります。

 
 
 

■IOTAとは

 

仮想通貨IOTA(アイオータ)は、Iotデバイスにおける少額決済を実現し、最適化するためのプラットフォームです。Iotとは、私たちの身の回りにあるモノをインターネットに接続し、相互に通信させることで、モノの管理を簡単に効率的に行うことができるようになることです。アルゴリズムにTangleを採用することにより、マイクロペイメントの問題を解消します。

 

仮想通貨IOTA(アイオータ)は、Iotデバイス機器の使用によって生じるマイクロペイメントを可能にし、日常生活をより便利にするプロジェクトです。Iot(Internet of Things)とは、「モノのインターネット」とよばれ、ありとあらゆるモノがインターネットに接続されます。

 

接続によって得られたデータを蓄積・分析し、ヒトの生活へより良いフィードバックを提供する一連の流れをいいます。IOTA(アイオータ)では、アルゴリズムに「Tangle」を採用し、マイクロペイメントを実現します。

 
 

仮想通貨名 IOTA(アイオータ)

 

トークン名 IOTA

 

開発 2016年7月

 

マイニング承認アルゴリズム PoW

 

アルゴリズム Tangle

 
 
 

■IOTAの特徴

 

・情報管理の共有

 

IOTAのプラットフォームでは、Iotデバイス機器間での電力・データ共有を容易にすることができます。その際に、電力やデータ共有の対価として仮想通貨を使用します。

 
 

・独自のアルゴリズム「Tangle」を採用

 

Tangleではトランザクション処理の際に、Tipsと呼ばれるTangle上の未承認の別のトランザクションをふたつ承認する仕組みを導入することで、取引をしたユーザーが同時に他のユーザーのマイニングを行い、手数料を無料にしています。マイクロペイメントにおける手数料とスケーラビリティの問題を解決しています。

 

ビットコインのトランザクション生成メカニズムは承認したトランザクションを容量毎にひとまとめにしてまとめて、鎖状にしてブロックを作ります。よって、取引額(手数料)が大きいトランザクションが優先されてマイニングされるため、マイクロペイメントには不向きです。

 

一方で、少額決済が必要なIOTAでは、DAG(有向非循環グラフ)を採用し、ブロックの分岐の可能な自由度の高いブロック生成を行います。自身のトランザクション処理の際に、「Tips」と呼ばれる未承認の別のトランザクションを二個承認します。取引をしたユーザーが同時に他のユーザーのマイニングを行い、手数料を無料にしています。

 
 
 

■IOTAの将来性

 

・最新技術ゆえのリスク

 

IOTA(アイオータ)では、独自のハッシュ関数Curlを用いたTangle(もつれ)を使用しており、最新技術であることから今後外部によって脆弱性が発見され攻撃されるリスクが潜んでいる可能性があります。実際に、昨年MIT Media Labによって脆弱性を指摘されている過去があります。

 
 

・将来的に専用のハードウェアが必要になる

 

Iotデバイスの普及とともに、IOTAネットワークを利用して情報の管理・送信を行う際に、専用のハードウェアが必要になると発表しています。運営は各家庭に導入することは負担にならないというが、実際にはハードルが高いと予測されます。

 
 
 

■IOTAを購入できる取引所

 

・Coinone(コインワン)

 

韓国三大取引所のひとつで、Bithumb(ビッサム)やKorbit(コービット)に並ぶ規模の仮想通貨取引所です。サーバーが不安定な点と取り扱い通貨の種類が少ない点がありますが、チャート機能が本格的でテクニカル分析に最適な取引所です。手数料は0.1%です。

 
 

・HitBTC(ヒットビーティーシー)

 

イギリスの仮想通貨取引所で、手数料が0.1%と安いのが特徴です。メールアドレスとパスワードのみで登録できるので、本人確認なしで仮想通貨の入出金が制限でできます。新規上場の仮想通貨を多く取り扱うことで定評があります。

 
 

・Bitfinex(ビットフィネックス)

 

香港の取引所で、全通貨の仮想通貨取引量が第五位を誇る、流動性の高い取引所です。過去にハッキング被害に遭っているため、セキュリティ対策を強化しています。取り扱い通貨は63種類です。

 
 
 

■IOTA(アイオータ)の特徴 まとめ

 

仮想通貨IOTA(アイオータ)は、Iotデバイスにおける少額決済を実現し、日常生活をより効率化するためのプラットフォームです。今後はプライバシーに関する情報は暗号化して送信する対象を制限する仕組みを導入する仕組みが必要になります。

 

Iotデバイス自体に関しても、セキュリティ対策が不十分なサイバーデブリと呼ばれる機器が増えるとIOTAネットワークやIotネットワーク全体を危険にさらすことになります。より日常生活に近い場面で使用されるに従って、こういった対策が重要となるでしょう。

shutterstock_1045849612

初心者が仮想通貨を初めて買うならいくらくらいが理想的?

2017年から怒濤のように話題をさらった仮想通貨。これから始めてみようと思っている人も多いのではないでしょうか?でも初め...

shutterstock_789745276

仮想通貨交換業が金融庁にしている登録業者16社によって新しい...

現時点、金融庁にしている登録業者16社によって新しい組織が発足されました。この事から今後期待されることなど詳しくお伝えし...

shutterstock_1009296070

仮想通貨がFXや株に比べると税金が高いと思います。なぜでしょ...

FXや株は税金が安いと思いますが昔はFXも高かったと聞いてます。仮想通貨自体は何故に税金が高いのでしょうか?今後、株やF...

shutterstock_1087110446

ブロックチェーン地方債の発行・販売・自治体・マイクロ債権

米カルフォルニア州にあるバークレー市が、コミュニティープロジェクトの資金調達のために公的資金にブロックチェーンを活用する...

shutterstock_660055192

仮想通貨に人気が上がりつつも詐欺には注意

仮想通貨が今年始めには相場が下がりつつも、4月の米国の確定申告のシーズンが終わったのをきっかけに相場は緩やかながらも上昇...

shutterstock_607564421

イスラム国家において仮想通貨市場の流れ規制緩和の動き

イスラム国家において仮想通貨市場の規制緩和のような流れが出てきています。その流れについての2つの出来事についてお伝えしま...

shutterstock_1024356955

透明性がある仮想通貨Stellar「ステラ」「XLM」とは

ステラはリップルの初期開発メンバーで、マウントゴックスの創設者であるジェド・マケーレブ氏が中心となって開発され、コンピュ...

shutterstock_556122865

損をしないために!仮想通貨にかかる税金を知ろう!

2018年初頭、NEM流出騒動でネガティブな印象になってしまった仮想通貨。しかし逆転の発想で「今が買い時」と売買を始めら...

shutterstock_563321920

仮想通貨の法人税法は?どんな法律があるの?

仮想通貨の取引を法人で行う場合に法人税法は通常の商売と同じ法律になるのでしょうか?また仮想通貨の法律が存在するのでしょう...

shutterstock_261132095

ビットフライヤーでロスカットに・・・その時に思った3つの事

ロスカットの説明とその時の状態や苦悩について説明します。最後には対策の仕方についても解説します。   &n...