仮想通貨のレポート:コインレポート > コンテンツ一覧 > ビットフライヤー, メリット, 初心者 > 初心者必見!ビットフライヤー利用のメリット

初心者必見!ビットフライヤー利用のメリット

初心者必見!ビットフライヤー利用のメリット

現在、国内仮想通貨取引所にて人気第1位となっているのがビットフライヤーです。仮想通貨取引をして見ようと思われる方はまずビットフライヤーの名を聞かれると思いますが、なぜ人気第1位となっているのか、その理由について詳しくお伝えします。

 
 
 

■ビットフライヤーのセキュリティの高さ

 

仮想通貨取引と言うとまず始める方にとって気になるのが、セキュリティが大丈夫なのか言う点で、先日、他の仮想通貨取引所であるコインチェックでのネム不正送金事件があったことから、不安になっている方も多くおられます。

 

セキュリティに関して、まずどこの取引所でも同じですが、完全に安全と言う事はありません。いかにセキュリティレベルが高いかが大事であり、コインチェックの不正送金は顧客のウォレットを常にネットに接続していることから流出したために、取引所が顧客の仮想通貨をいかに大事に管理しているかが鍵となります。

 

セキュリティに関してチェックしておくべきことは3つで、どのようなセキュリティ対策をしているのか、今までセキュリティ強化をしてきたのか、そしてコインチェックの事件を通じて、どのような対応をしたのかがか重要と言えます。

 

高いセキュリティ対策については、マルチシグネシャ対応をしているのか、そしてコールドウォレット対応しているのかをチェックします。マルチシグネチャとは、通常、コインの秘密鍵は1つとなっていますが、それを複数に分割にすることで、不正アクセスを受けるリスクを軽減させようとする機能です。秘密鍵が1つよりか複数あることで、セキュリティは堅固になります。

 

さらにコールドウォレットについては、インターネットと完全に切り離されたウォレットの事を指し、通常パソコンを持っている環境であれば、ネット接続していない状態としてウィルスに感染する事が無いために安全と同様に、コールドウォレットに関してもオフライン状態にしておくことで、コインを奪われるリスクを抑えることができます。

 

他にもいろんなセキュリティ対策をしていますが、コインチェック事件を受けてから、セキュリティファーストを宣言し、顧客の仮想通貨を大事に守る対策をし続けています。

 
 
 

■ビットフライヤーの資本力

 

ビットフライヤーは数々の大手企業から資金調達しており、日本においてはトップクラスの資本力を持っています。

 

そのため、口座開設するのにどこがいいのか迷っている顧客は大手企業からの資金調達をしていることから、信頼を得ている事を理解する事ができるために安心して利用することができます。さらに取引量がとても多いために、他社に比べて倒産するリスクが比較的低いと見ることもできます。

 
 
 

■クイック入金により利便性がとても高い

 

仮想通貨の相場はとにかく動きが激しいことで、タイミングを逃すことでせっかくの利益確定のチャンスを無くすこともあります。今は買い時と思う時に口座に残高がない場合に、クイック入金の機能がとても便利と言えます。

 

一般の銀行振込の場合、各金融機関の振込手数料がかかるのと、銀行営業日でしか入金できませんが、クイック入金だと1件につき1律324円(税込)でかかりますが、24時間365日いつでも日本円にて入金する事ができます。

 

さらに今年3月からじぶん銀行からも口座振替サービスとしてリアルタイム入出金を開始した事もあり、利便性がさらに向上したと言えます。

 
 
 

■仮想通貨の送金手数料が割安

 

仮想通貨はビットコインだけに限らず、イーサなどさまざまな仮想通貨があるために、今後他の通貨をも保有したい場合に、ビットフライヤーで取り扱っていない仮想通貨を他の取引所にて購入する場合にはビットコインを送付する必要があります。

 

その時に掛かるのが送金手数料ですが、ビットフライヤーは送金手数料が割安で、コインチェックと比べた場合、コインチェックは0.001BTCになっているのに対し、ビットフライヤーは0.0004BTCととても安いことがわかります。

 

ちなみに1BTCが100万円であれば、コインチェックは1000円であるのに対し、ビットフライヤーは400円となるため、相場が高騰していれば、その分安く抑えられる事ができます。

 
 
 

■まとめ

 

ビットフライヤーのメリットしてセキュリティ対策の高さ、大手企業による資本力の大きさ、クイック入金の利便性、送金手数料があります。しかし、取引所毎にデメリットもあることで、ビットフライヤーでもデメリットとしては取り扱い仮想通貨の種類が海外の取引所に比べてとても少ない点があります。

 

種類としては全7種類であるために、他社に比べても劣る面があります。しかし、ビットコインやイーサなどメジャーな仮想通貨を取り扱っているために、安心して取引をしたい方、さらによくわからないが、まずは取引所の口座開設をしたいと考えている方にとってはビットフライヤーで口座開設しても大丈夫と言えます。

 

今後、取り扱う仮想通貨も増えてくる可能性があるため、まずは開設して仮想通貨取引を試すのも一つの方法と言えます。

shutterstock_1087110446

ブロックチェーン地方債の発行・販売・自治体・マイクロ債権

米カルフォルニア州にあるバークレー市が、コミュニティープロジェクトの資金調達のために公的資金にブロックチェーンを活用する...

shutterstock_367343003

ビットフライヤーの入出金での手数料は高いのか?

2018年に入っても話題の尽きない仮想通貨業界。近々取引を始めようと思っている方もいらっしゃると思います。初めて取引をす...

shutterstock_783714787

XRPが堅調な上昇・リップルが上昇した幾つかの理由

20日に仮想通貨相場は全体的に堅調な推移をしました。ビットコインが90万円を超え、アルトコインは5%以上上昇している銘柄...

shutterstock_725694892

サンタンデール銀行、世界初リップルのソリューションを採用した...

スペインを本拠地としているBanco Santander(サンタンデール銀行)が、リップルの技術を利用したブロックチェー...

shutterstock_212651662

初めてBTCFXを始める初心者へ4つの注意点

「BTCFXで~万稼いだ!」とう声を周りで聞いたことはあるでしょうか??仮想通貨を保有していたらめちゃくちゃ稼げた!とい...

shutterstock_415231777

BINANCECOINとは?基本情報・特徴・将来性

BINANCECOINは中国の大手仮想通貨取引所である、BINANCEが独自に発行している仮想通貨で、BINANCE内に...

shutterstock_723309115

仮想通貨の中でも匿名性がある匿名通貨DASHについて

仮想通貨の中でも匿名性がある通貨として匿名通貨と言うのがあります。代表的な匿名通貨としてDASH(ダッシュ)、ZCash...

shutterstock_87264388

仮想通貨で含み益の場合は法人で消費税はどのような計算でしょう...

仮想通貨にて含み益、含み損が発生した場合は仮想通貨の消費税は発生するのでしょうか?国内、海外の取引所の場合なども含め、消...

shutterstock_514850689

仮想通貨を法人の代表者が個人口座で行う事は可能でしょうか?

仮想通貨を法人の代表者が個人口座を開設し含み益、含み損を含め法人の収益・決算などに含める事は可能でしょうか?法人口座が開...

shutterstock_1048533400

ザイフトークンの特徴と今後の将来性

国内仮想通貨取引所であるザイフ(Zaif)が取り扱っている仮想通貨の中でザイフトークンと言うのを聞きます。ザイフトークン...