仮想通貨のレポート:コインレポート > コンテンツ一覧 > ビットフライヤー, メリット, 初心者 > 初心者必見!ビットフライヤー利用のメリット

初心者必見!ビットフライヤー利用のメリット

初心者必見!ビットフライヤー利用のメリット

現在、国内仮想通貨取引所にて人気第1位となっているのがビットフライヤーです。仮想通貨取引をして見ようと思われる方はまずビットフライヤーの名を聞かれると思いますが、なぜ人気第1位となっているのか、その理由について詳しくお伝えします。

 
 
 

■ビットフライヤーのセキュリティの高さ

 

仮想通貨取引と言うとまず始める方にとって気になるのが、セキュリティが大丈夫なのか言う点で、先日、他の仮想通貨取引所であるコインチェックでのネム不正送金事件があったことから、不安になっている方も多くおられます。

 

セキュリティに関して、まずどこの取引所でも同じですが、完全に安全と言う事はありません。いかにセキュリティレベルが高いかが大事であり、コインチェックの不正送金は顧客のウォレットを常にネットに接続していることから流出したために、取引所が顧客の仮想通貨をいかに大事に管理しているかが鍵となります。

 

セキュリティに関してチェックしておくべきことは3つで、どのようなセキュリティ対策をしているのか、今までセキュリティ強化をしてきたのか、そしてコインチェックの事件を通じて、どのような対応をしたのかがか重要と言えます。

 

高いセキュリティ対策については、マルチシグネシャ対応をしているのか、そしてコールドウォレット対応しているのかをチェックします。マルチシグネチャとは、通常、コインの秘密鍵は1つとなっていますが、それを複数に分割にすることで、不正アクセスを受けるリスクを軽減させようとする機能です。秘密鍵が1つよりか複数あることで、セキュリティは堅固になります。

 

さらにコールドウォレットについては、インターネットと完全に切り離されたウォレットの事を指し、通常パソコンを持っている環境であれば、ネット接続していない状態としてウィルスに感染する事が無いために安全と同様に、コールドウォレットに関してもオフライン状態にしておくことで、コインを奪われるリスクを抑えることができます。

 

他にもいろんなセキュリティ対策をしていますが、コインチェック事件を受けてから、セキュリティファーストを宣言し、顧客の仮想通貨を大事に守る対策をし続けています。

 
 
 

■ビットフライヤーの資本力

 

ビットフライヤーは数々の大手企業から資金調達しており、日本においてはトップクラスの資本力を持っています。

 

そのため、口座開設するのにどこがいいのか迷っている顧客は大手企業からの資金調達をしていることから、信頼を得ている事を理解する事ができるために安心して利用することができます。さらに取引量がとても多いために、他社に比べて倒産するリスクが比較的低いと見ることもできます。

 
 
 

■クイック入金により利便性がとても高い

 

仮想通貨の相場はとにかく動きが激しいことで、タイミングを逃すことでせっかくの利益確定のチャンスを無くすこともあります。今は買い時と思う時に口座に残高がない場合に、クイック入金の機能がとても便利と言えます。

 

一般の銀行振込の場合、各金融機関の振込手数料がかかるのと、銀行営業日でしか入金できませんが、クイック入金だと1件につき1律324円(税込)でかかりますが、24時間365日いつでも日本円にて入金する事ができます。

 

さらに今年3月からじぶん銀行からも口座振替サービスとしてリアルタイム入出金を開始した事もあり、利便性がさらに向上したと言えます。

 
 
 

■仮想通貨の送金手数料が割安

 

仮想通貨はビットコインだけに限らず、イーサなどさまざまな仮想通貨があるために、今後他の通貨をも保有したい場合に、ビットフライヤーで取り扱っていない仮想通貨を他の取引所にて購入する場合にはビットコインを送付する必要があります。

 

その時に掛かるのが送金手数料ですが、ビットフライヤーは送金手数料が割安で、コインチェックと比べた場合、コインチェックは0.001BTCになっているのに対し、ビットフライヤーは0.0004BTCととても安いことがわかります。

 

ちなみに1BTCが100万円であれば、コインチェックは1000円であるのに対し、ビットフライヤーは400円となるため、相場が高騰していれば、その分安く抑えられる事ができます。

 
 
 

■まとめ

 

ビットフライヤーのメリットしてセキュリティ対策の高さ、大手企業による資本力の大きさ、クイック入金の利便性、送金手数料があります。しかし、取引所毎にデメリットもあることで、ビットフライヤーでもデメリットとしては取り扱い仮想通貨の種類が海外の取引所に比べてとても少ない点があります。

 

種類としては全7種類であるために、他社に比べても劣る面があります。しかし、ビットコインやイーサなどメジャーな仮想通貨を取り扱っているために、安心して取引をしたい方、さらによくわからないが、まずは取引所の口座開設をしたいと考えている方にとってはビットフライヤーで口座開設しても大丈夫と言えます。

 

今後、取り扱う仮想通貨も増えてくる可能性があるため、まずは開設して仮想通貨取引を試すのも一つの方法と言えます。

shutterstock_142946362

ビットフライヤーの手数料が高いと感じた時は3つの行動

ビットフライヤーの手数料が高いと感じる時に見直すべき箇所や行動をまとめてみました。実際は他の取引所と比べても大差はありま...

shutterstock_795590980

仮想通貨下落の原因・MtGOXや韓国取引所の影響・アップビッ...

最近ビットコイン(BTC)の価格が下落する事となり、それに伴って他のアルトコインも全体的に下落へと進んでいきました。下落...

shutterstock_1022858326

仮想通貨の税金は本当に「雑所得・高税率」なのかレポート

1.仮想通貨=雑所得・高税率という誤解   仮想通貨の税務について調べると、しばしば「仮想通貨は雑所得であ...

shutterstock_188334569

単純に利益になった仮想通貨は○○円以上、○○円以下などで税金...

などで税金の変動などを教えてくれればと思います。できれば税金に合わせて仮想通貨を決済したいと考えております。一度に円へ交...

shutterstock_709036522

リップル初心者が取引を行う時オススメな取引所

仮想通貨を初めて購入する場合、どの取引所がいいのかわからないですよね?仮想通貨の取引所って多すぎて選べないし、セキュリテ...

shutterstock_461973784

中銀デジタル通貨(CDBC)についての周りの反応

中国の中央銀行が発行するデジタル通貨CBDCについて、16日開催された「IMF・金融庁・日本銀行共催FinTechコンフ...

shutterstock_329097944

仮想通貨、課税の計算方法・法人税は?

法人税の場合は個人と同じで仮想通貨を売った場合にその時点で法人税が発生するのでしょうか?または法人の場合は決算時などに資...

shutterstock_317403485

中東地域においてブロックチェーン技術が加速・ブートキャンプ・...

仮想通貨やブロックチェーン技術について、規制やコメントが発表している中で、中東地域では加速する流れが出てきています。中東...

shutterstock_426088129

富士通が台湾でのファミリーマートにてブロックチェーン実証実験...

■台湾のファミリーマートにて、ブロックチェーンを使ったクーポン配布   日本の大手IT企業である富士通が、...

shutterstock_515694229

ビットトレードの特徴と最近の流れ・経営権譲渡・デメリット

仮想通貨取引所であるビットトレードが運営するビットトレード株式会社はFXFT、FXフィナンシャルトレードと言うFX業界で...