仮想通貨のレポート:コインレポート > コンテンツ一覧 > DOGECOIN, 柴犬のロゴ > 仮想通貨「DOGECOIN」とは柴犬のロゴがあしらわれたコイン

仮想通貨「DOGECOIN」とは柴犬のロゴがあしらわれたコイン


ゲームにかけた時間もお金も情熱も、あなたの資産となる世界

ブロックチェーンカードゲーム「クリスペ」

仮想通貨「DOGECOIN」とは柴犬のロゴがあしらわれたコイン

DOGECOINは日本人にとって馴染み深い柴犬のロゴがあしらわれたコインとして仮想通貨の中ではよく知られています。

 

元IBMエンジニアでプログラマーであるビリー・マーカス氏がビットコインのパロディー版として開発した仮想通貨となっています。DOGECOINについて詳しくお伝えします。

 
 
 

■DOGECOINの基本情報

 

DOGECOINの通貨単位はDOGEで、総発行枚数は特に決められているわけでなく無限に発行する形ととっています。リリースは2013年12月であるために仮想通貨の中でも歴史のある仮想通貨としても知られています。

 
 
 

■特徴

 

DOGECOINが生まれた当時はおふざけ通貨として知られるようになりましたが、その後一時的ですが、時価総額1600億円にまでのぼったことでも有名になりました。

 

最初はおふざけで始まったコインでしたが、その後DOGEのコミュニティにおいて多くの開発者が集まったために、当時はその賑わいはすごかったと言う評判も聞きます。作ったのが元IBMエンジニアであったために、有志たちがこぞってその後DOGEの価値を高めた結果とも言えます。

 

コミュニティの力は国産の仮想通貨で有名なモナコインにも同様な事が言え、仮想通貨の話題にネガティブ要素が市場に流れることで全体として多少は下落するにも関わらず、コミュニティが確保されていると言う面から、その後も安定的に維持し続けることができるため、DOGEも同様、コミュニティの力によって支えられている面があると言えます。

 

現在の使い道としては主に送金やDOGEMARKETでのビットコインや商品の売買に使われています。DOGECOINの特徴は主に3つの点があると言われ、送金がとても速く、簡単であると言う送金メリット、そして寄付によく利用されること、さらに発行数量が無限であるために価格変動がしづらく、非常に安価としても知られています。

 

送金が速い点は、DOGECOIN自体、ライトコインをベースに作られている事もあり、承認時間が短く済むことができます。

 

ブロック生成時間も約60秒となっていることからストレスを感じさせないほどに送金することが可能で、他の仮想通貨と比べれば、ビットコインは10分、ライトコインであっても約2分であることから、使い道によってとても便利な仮想通貨と言えます。

 

そして寄付でよく使われることに関しては、過去オリンピック出場の寄付手段として使用され、ジャマイカのボブスレーチームのソチ五輪出場のために使用されたことでも話題になりました。

 

このボブスレーの寄付の件もあってからか仮想通貨市場にさらに根付くようになり、寄付として利用するのにも最適として知られるようになりました。あと発行数量が無限については、発行枚数が多いために価格変動がしづらい面もあれば、!1DOGEあたりの相場が非常に安いとしても特徴があります。

 

仮想通貨取引で高騰を狙う投資家もおられますが、発行枚数が無限であるDOGECOINは価格の上下変動があまりありません。違う見方をすれば、変動が少ないために長期的に安定的で、保有するには良いメリットもあります。

 

ビットコインやイーサリアムのようなメジャーな仮想通貨は話題が上がればすぐに相場が上下変動を起こしやすい特徴がありますが、DOGECOINは影響が少ないために分散保有においてもメリットがあるコインとも言えます。

 
 
 

■将来性

 

将来性を見ると発行数量が無限である事から急激な高騰を起こすようなことは考えずらい面があるため、安定性においてはメリットがあります。

 

最近のメジャーな仮想通貨は新たな機能を加えることで市場から支持を受け取っていくスタイルになっていますが、DOGECOINはそのような流れを乗ることもなく、受けることもないため、コミュニティによって安定性をもたらしています。

 

長期保有と言う面で仮想通貨を分散保有をする目的でDOGECOINを持つことはメリットが大きいと言えるでしょう。現在国内の取引所でDOGECOINを取り扱っているところがないために、保有するとなると海外の取引所で開設する必要があります。

 

仮想通貨の時価総額でのランキング表示しているCOINMARKETCAP.COMにてDOGECOINは歴史の長い仮想通貨として認知されているのもあり、安定性もあることから現在40位前後を維持しています。

 

他の新しい仮想通貨が生まれている中で、今でも100位以内を維持している事から、現在でも利用する人々が多いと言えます。DOGECOINを取り扱っている取引所も多くあるため、今後も100以内を維持し続けて行くとも考えられます。

 

取引所によってDOGE建てで取引できるところもあるためにDOGECOINから様々な仮想通貨に直接取引ができるためにとても便利です。

 
 
 

■DOGECOINについて まとめ

 

DOGECOINは昔から人気がある仮想通貨であるために、今後も多くの人に利用し続けられることでしょう。送金が速く、とても安値であるため、とくに他の仮想通貨と比べて優れすぎることもなく値崩れもしにくいことから、仮想通貨をまず保有しておきたいと考えている方にとっては手に取りやすい仮想通貨と言えます。

shutterstock_1027664242

アジアでの仮想通貨規制インドにおいて仮想通貨を禁止する流れ

インドにおいて、仮想通貨を禁止する流れが出ており、近隣のアジア地域にも仮想通貨取引を制限する流れが出てきています。アジア...

shutterstock_261132095

ビットフライヤーでロスカットに・・・その時に思った3つの事

ロスカットの説明とその時の状態や苦悩について説明します。最後には対策の仕方についても解説します。   &n...

shutterstock_461773729

著名人の仮想通貨のコメント・ビットコイン投資は危険・グローバ...

著名人からのコメントに対し、引き続き否定的なコメントをする方もおれば、肯定的にコメントを方向転換した方もおられます。 ...

shutterstock_327475154

ビットフライヤーの日本円出金手数料を安くする方法

仮想通貨の取引で稼げたお金を、ビットフライヤーから自分の銀行口座に出金する際にかかる手数料を、安く抑える方法をまとめてみ...

shutterstock_1024949395

モナコインの特徴と将来性について

皆さんはモナコインという仮想通貨をご存知でしょうか?日本で初めて開発された仮想通貨として話題になりました。今回はモナコイ...

shutterstock_516625030

ブロックチェーン技術が宇宙開発を促進させる2つの理由

ブロックチェーン技術の活用が宇宙にまで広がるときがやってきます。NASA(アメリカ航空宇宙局)が本格的にブロックチェーン...

shutterstock_393500332

仮想通貨が慈善事業分野においてもブロックチェーン事業の流れ

  仮想通貨と言うと投機的な使われ方、投資の一部として見られやすいですが、最近では飲食店での決済サービス、そ...

shutterstock_520325893

法人が仮想通貨で利益(含み益)での税金の節税方法・厳選38選

法人が仮想通貨で利益を上げた場合に出来る節税方法 随時更新を致します。仮想通貨に限らずに法人税を節税出来る38選となりま...

shutterstock_1007466079

国の情勢によって需要価値が高まる仮想通貨・インフレ・匿名通貨...

国の事情により仮想通貨が購入もしくか利用されるケースは今後増えてくる可能性があります。今週、イランにおいても米国による経...

shutterstock_1067732219

実は本格的!?モナコインの実力とその特徴と今後の予想5選

モナコインは日本発祥の仮想通貨で、2014年から市場に出回りました。最初の開発者は「Mr.watanabe」と呼ばれてい...